TOPページへ < 質問 < 産業保健師に関する質問

新卒でいきなり産業保健師になれるの?

転職サイトランキングはコチラ!

産業保健師は、企業の社員や従業員、雇用主などの健康管理を担うため、企業の経営にも関わる重要な立場にあります。そのため、産業保健師自身がより快適に、そして無駄な負担を受けず、ストレスなく業務に取り組むことができる勤務先を選ぶことが大事です。特に、経験の浅い保健師や、これから保健師としてデビューする新卒者は、より慎重に勤務先の職場環境をチェックしたほうがいいでしょう。

企業が保健師を募集する際には、新卒者を求める傾向が見られます。経験のない保健師は敬遠されると思われがちですが、産業保健師の場合はむしろ逆で、経験豊かなベテラン保健師よりも、未経験者のほうが好まれるのです。なぜなら、新卒者のほうがその企業に馴染みやすいからです。企業の側からすると、自分の色に染めたいという思惑があり、新卒者のほうが都合がよいため、産業保健師の求人では新卒者を求める傾向にあるわけです。そのため、同じ企業の求人に対して、新卒者とそうではない人(経験者)が応募したとしたら、新卒者のほうが採用される確率が高いということです。

しかし、新卒者なら必ず採用されるというほど簡単なものではなく、産業保健師は社員の健康、メンタルケア、さらには企業の経営向上につなげるという重要な役割を担うため、社員が話しやすい雰囲気や、人柄の良さが求められる仕事なので、新卒者であっても会社のために必要な様々なケアができることと、誰からも親しまれる人柄が求められることになります。

新卒者の保健師を採用する傾向が強いのは、社内でのデスクワークが多い企業です。現場作業を行なう会社では、保健師としての業務よりもむしろ看護師としての知識が求められる傾向があります。そのため、新卒者が産業保健師の仕事を探す場合は、現場作業中心の会社ではなく、デスクワークを主とする会社の求人をチェックすると見つけやすいでしょう。

ただ、新卒者でも産業保健師になることができるとはいえ、ひとつの企業の社員・従業員など多くの人たちのメンタルケアだけではなく、企業の経営向上の支援を行なう重要な任務を負うことになるので、保健師は神経をすり減らすことになり、ストレスを抱えがちです。こうしたことが負担とならないよう、より快適に仕事ができる、自分の希望・条件に合った就職先を選ぶよう心がけましょう。

とはいえ、社会経験のない新卒者が最適な勤務先を見つけるのは、なかなか難しいものなので、保健師や看護師など医療分野の求人を専門に扱っている就職・転職支援サービスなどを利用すれば、理想的な職場が見つけることができるでしょう。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ