TOPページへ < 質問 < 学校保健師に関する質問

養護教諭と保健師の違いはなに?

転職サイトランキングはコチラ!

保健師は、保健師国家試験に合格することで資格を取得することができますが、勤務先によって3つに大別することができます。まず、地域の保健所や保健センターなどに勤務する「行政保健師」、民間企業・団体などで社員・従業員などの健康管理や予防業務などを行なう「産業保健師」、学校などの教育機関で児童・生徒や教員の健康管理や予防活動などを行なう「学校保健師」があります。このうちの「学校保健師」については、養護教諭との違いがはっきりせず、混同されることがよくあります。

養護教諭は、学校内で養護を行なう教員のことを指し、一般には「保健室の先生」と呼ばれて親しまれています。この養護教諭は、通常、保健室に常駐し、学校内における児童・生徒の病気や怪我の応急処置などを行ないます。また、学校内における健康管理も重要な仕事なので、健康診断や水質検査・空気検査などの環境衛生検査や、保健衛生に関する知識の普及活動などを計画・実施します。

養護教諭は、一般の教員とは異なり、通常は授業は行ないません。その代わりに、保健室に常駐して、急な病気や怪我に備えます。また、他の教員と協力して、学校教育や性教育の授業を行なうことがあります。

養護教諭は正規の教員であるため、養護教諭の教員免許を取得しなければなりません。しかし、保健師の資格を持っている人は、文部科学省令が定める4科目8単位を取得し、各都道府県の教育委員会に申請することで「養護教諭2種免許」を取得でき、「保健室の先生」になることが可能です。

したがって、「養護教諭」と「保健師」の最大の違いは、教員免許が必要かどうかということになります。養護教諭には教員免許が必要ですが、保健師には必要ありません。しかし、保健師も文部科学省の定める単位を取得すれば養護教諭2種免許を取得できるため、違いがわかりにくく、よく混同されてしまうのです。

最初から「保健室の先生」になるべく養護教諭を目指す場合は、まず必要な免許を取得したうえで、各都道府県教育委員会が実施する教員採用試験に合格する必要があります。この教員採用試験に合格することによって、採用候補者名簿に登録され、養護教諭として学校などで働くことが可能となります。

このように、養護教諭はれっきとした学校の教員であるため、他の教員と同様に教員免許を取得しなければなりません。そのため、看護師や保健師としての知識だけではなく、教員としての知識も必要になるので、かなりの勉強が必要になります。

一方、保健師の資格を持っている人が養護教諭を目指す場合は、教員採用試験にも合格する必要があり、より多くの勉強をしなければなりませんが、その分、社会への貢献度の高い、やりがいのある仕事だといえるでしょう。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ