TOPページへ < 質問 < 学校保健師に関する質問

看護師でも学校での勤務はできるの?

転職サイトランキングはコチラ!

現職の保健師は、保健師専門の大学を卒業した場合を除き、ほとんどは元看護師です。つまり、看護師の資格取得者がさらに保健師の資格を取得し、保健師に転職したということです。看護師の資格を取得後に、1年間の保健師養成課程を経て、保健師国家資格に合格した人が「保健師」なのです。

保健師は、看護師資格に能力を追加した資格なので、基本となる業務知識は保健師・看護師ともに看護学であるため、ほぼ同等の知識と技術を持っているといえます。しかし、看護師の活躍の場は、病院やクリニック、介護施設といった医療機関になり、ほとんどが民間の施設なので、就職する際には自分で希望する職場を選んで職に就きます。

保健師の場合は、「産業保健師」のように一般の民間企業に就職する人もいますが、大半は自治体(都道府県や市区町村)の「行政保健師」、学校などの教育機関の「学校保健師」として働いているため、その立場は「公務員」ということになります。したがって、職場は自分で選ぶことはできず、行政機関が割り振って決められます。また、公務員という立場上、転勤や配置換えなどもあるため、毎年、多くの一般公務員や教職員とともに、保健師も転勤を命じられ、職場を異動しています。こうしたことは、看護師には滅多にありません。

保健師と看護師は、同じ業務知識を持っているものの、看護師は保健師の仕事はできず、逆に保健師は看護師の仕事をすることができます。そのため、保健師は保健所の医師とともに予防接種や感染症治療といった医療行為に当たったり、大規模災害発生時には怪我人の治療などの医療行為に従事することになります。

こうしたことから、保健師は「公共」の立場にあるといえますし、対する看護師は「民間」の立場にあるといえるでしょう。両者の決定的な違いはここにあるといえます。学校保健師や養護教諭(保健室の先生)は、言うまでもなく勤務先は学校などの教育機関であり、これらは「公共」の存在です。こうした施設(学校など)で看護師を採用することはないので、その立場のままでは学校に勤務することはできません。看護師が学校で働くためには、1年間の保健師養成課程を経たうえで、保健師国家試験を受験・合格して保健師の資格を取得することで「保健師」となり、学校勤務の「学校保健師」になることができます。またさらに養護教諭2種免許を取得し、「教員」となることで、「保健室の先生(養護教諭)」になることが可能です。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ