TOPページへ < 質問 < 学校保健師に関する質問

保健師の資格を持っていれば、保健室の先生になれるの?

転職サイトランキングはコチラ!

学校などに勤務する、いわゆる「保健室の先生」とは、「養護教諭」のことであり、文字通り、学校内で児童・生徒・教職員などの養護をする「保健医」です。この養護教諭(保健室の先生)になるには、養護教諭2種免許が必要となります。つまり、れっきとした「教員」なので、学校での業務に従事しますが、通常は授業は行なわず、健康教育や性教育などの保健指導を行ないます。

養護教諭は学校に勤務することから、保健師の資格を持っていれば申請だけで養護教諭2種免許を取得できるという誤った噂が広まり、混乱を招いたことがありました。しかし、実際は文部科学省が定める教育職員免許法の4科目8単位を取得する必要がありますが、免許申請時の書類として単位修得証明書や学力の証明書が必須でなかったため、単位が未取得であるにもかかわらず、確認ができないことから、教育委員会では養護教諭2種の資格を交付してしまっていたのです。

こうしたことから、保健師の資格があれば養護教諭になることができると思ってしまった学生も多かったようですが、厚生労働省が法律を厳しくすることになり、保健師の資格を取得していることは必須とし、そのうえで日本国憲法、体育、外国語コミュニケーション、情報機器の操作の各2単位を取得していることを必須とすると定めました。この4科目については、選択科目としている学校もあるので、単位を取得していない人もいます。

何も知らずに保健師の資格取得だけで養護教諭2種免許を取得しようとした学生は、免許を取得できないままになっているのがほとんどのようです。厚生労働省や教育委員会が救済処置を実施することもなく、免許を取得できないままになっている学生も少なくないため、現在も問題になっています。

養護教諭2種免許は、教育職員免許法が改正されたことによって更新制度が導入され、保健師免許を取得した日から10年目の年度が終わる日が有効期限となり、その都度、更新手続きを行なう必要があります。更新時には免許更新講習を受ける必要がありますが、その講習を受けるためには、現職の教員であることが条件となります。そのため、保健師の資格を持っているだけでは、当然、受講することはできません。

「保健室の先生(養護教諭)」になるために必要な養護教諭2種免許を取得する場合は、保健師の国家試験に合格し、保健師登録したうえで文部科学省が定める必要単位を取得します。それから各都道府県教育委員会に申請することで、晴れて免許を取得することができるわけです。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ