TOPページへ < 質問 < 学校保健師に関する質問

学校保健師として必要なスキルは?

転職サイトランキングはコチラ!

学校などの教育機関に勤務する「学校保健師」は、児童・生徒・教職員などの健康面の管理を行なうのが主な業務です。この学校保健師になるには、自治体(都道府県や市区町村)勤務の「行政保健師」や企業・団体などで働く「産業保健師」と違い、保健師の資格だけではなく、いわゆる「保健室の先生」である養護教論になるために必要な単位を履修するとともに、養護教論2種の免許が必要になります。また、求人も多くないため、学校保健師になるのは、行政保健師や産業保健師になるよりもハードルが高いといえるでしょう。

学校保健師は、その学校内のすべての人々、つまり児童・生徒だけではなく教職員なども対象とし、特に子供を中心とした若い人の健康管理すべてを預かるため、その責任は重大です。通常、学校保健師は、保健室で児童・生徒・教職員の健康管理・保持、授業中の怪我や病気の応急処置などを行ないます。その際、怪我や病気が重篤で、外部の病院などの医師との連携が必要だと判断した場合には、そのための必要な手配を行ないます。場合によっては児童・生徒の生命にもかかわることがあるので、迅速な判断と適切な対応が求められます。

このほか、インフルエンザなどの予防接種、定期健康診断や身体測定の実施を担当するのも学校保健師の重要な業務のひとつであり、その際には、児童・生徒全員の健康状態はもちろん、年齢相応の発育状況なども確認・把握することも大切な仕事です。近年、児童虐待が社会問題化していることもあり、子供たちの身体に不審な点は見られないかをチェックするのも重要であり、細部にわたって目配りをすることも重要です。

保健師がこうした様々な業務を行ない、適切に対応していくうえでは、優れたコミュニケーション能力や高度なマネジメント能力といった、専門性の高い多くのスキルが求められることになります。そのため、まだ若い保健師にとっては大きな負担となる可能性もありますが、その分、やりがいもあり、経験を積むことで能力を高めていくことができます。

児童・生徒、あるいは学生というのは、体の変調・異変をうまく伝えられなかったり、担任の先生や親、友だちなどには打ち明けられない悩みを抱えていることもあります。学校保健師は、繊細で未成熟な子供たちの悩みを聞いて相談にのることで、問題解決、悩みの解消に導いていくことも重要な役割です。近年では、児童・生徒だけではなく、教職員も深刻な悩みを抱えている場合が多く、うつ病など心の病によって休職・退職するケースも急増しています。こうした教職員の相談にのるなど、心のケアも、学校保健師の重要な役割となっています。そのため、心理カウンセラーとしてのスキルも求められるようになってきています。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ