TOPページへ < 質問 < 看護師歴15年で保健師に転職

看護師歴15年目、今からでも保健師になれるのか?

転職サイトランキングはコチラ!

Q、看護師歴15年目ですが、保健師への転職を考えています。看護師歴が長すぎる場合でも保健師になれますか?

もちろん保健師になる場合、看護師としての臨床経験が長ければ、経験が豊富だということで採用を考慮される場合がありますが、保健師として働いたことがない場合は、保健師としては未経験ですから、それでも採用してくれる職場というのを探さないといけません。公共機関の保健所などは、採用時の年齢制限がある場合が多く、そうなるとまだ20代や30代の元看護師の方の採用の可能性が高くなります。もし看護師歴が長い場合は、その経験をアピールして、保健師の転職に活かしたほうがいいでしょう。ベテランの場合、看護師、保健師と両方の職務経験があるほうが望ましいので行政保健師よりは、企業保健師や病院保健師、そして学校保健師のほうが入りやすいでしょう。そして、もし行政保健師にどうしてもなりたい場合は、非常勤や嘱託職員の募集なら、かなりのベテランでも採用される確率が高くなります。

大事なことは、看護師ですでに15年の経験があることを高く買ってくれる転職先を見つけることです。看護師、そして保健師の資格を大学で取得し、看護師として臨床経験のないまま新卒で保健師として採用される場合もあります。しかし、臨床経験が乏しいと、保健師になってから患者さんとのコミュニケーションや実際の検診の際に、十分なアドバイスや経験に基づいた指導をすることが不可能になります。その為特に患者さんとのコミュニケーション、そして老人医療に関する相談を受けるスタッフはベテランをあえて採用することもあります。ですからすでに看護師として長いキャリアがあっても気にすることはありません。

保健師と看護師の仕事内容は違いますが、もし看護師よりの仕事をする場合は、当然看護師として働いた経験が活用できるので、その看護師としての経歴を高く評価してくれる職場を探したほうがいいでしょう。きっと視野を広げれば、保健師としての実務経験がなくても結構転職先は見つかるはずです。

もともと保健師としての経験者を探している場合でも交渉によっては未経験でも採用してくれることがあります。自分が働きたい職場が見つかったら粘り強く交渉していくのも大事だと思います。そのときこそ、その長い看護師としての就業経験を活かすチャンスと言えるでしょう。

保健師として働き始めるのに、遅すぎるということはありません。保健師の資格を新たに取得して、自分の将来のキャリアに活かすのは何歳になっても大事なこととです。最近は看護師としての仕事をこなしながら保健師の資格を取得しようと頑張っている人も多いので、年齢は関係なく、新たな分野にチャレンジする人を高く買う公共機関や病院、企業もあるはずです。諦めないで探してみましょう。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ