TOPページへ < 質問 < 保健師として職場復帰したい

保健師として職場復帰したい

転職サイトランキングはコチラ!

Q、出産と子育てでブランクができてしまいました。保健師として職場復帰できるでしょうか?

保健師や助産師、看護師などは、臨床、職務経験があれば職場復帰も比較的スムーズですし、結婚や出産、子育てなどのブランクがあっても、公務員の場合は育児休暇の体制も整っていますし、民間企業や病院でも、時短勤務など採用しているところであれば、職場を離れずに子育てと仕事を両立することができます。

万一、ライフイベントによって退職することがあっても、ブランクがあっても、保健師や看護師として職務経験があれば復帰できる可能性は高いと思います。ですから一生働ける資格として保健師を目指す人が増えているのも頷けます。

もちろん行政機関に再就職する場合は、年齢制限があったり、その希望するポストに空きがなかったりする場合もあり、採用されても非常勤やパートになる可能性もありますが、保健師が活躍する場はどんどん増えてきていますから、企業や学校、そしてNPO法人や病院など、公営、私営を問わないで保健師の仕事を探せば、必ず見つかることと思います。ベテランであれば、その経験が大いに役立つ仕事ですから、子育てが一段落したら、ぜひ職場復帰しましょう。育児休業中は、公務員や会社員であれば育児休業給付金などの給付が共済や雇用保険から子供が1歳になるまではあると思いますが、それ以降は無収入ですから、子供や将来のことを考えると、やはり将来的に復帰することを考える方も多いものです。

せっかく一生使える資格を手にしているのですから、ブランクがあっても、またフルタイムで働く自信がないとしても復帰する場合、職場について、そして就業条件については妥協せずにじっくり探してみましょう。保健師としての再就職先は必ずありますので、子供や家庭のことを最優先に考えて職探しをしても結構仕事は見つかるものです。

ただし、家庭と仕事という二足のわらじを履くことは案外大変なものです。ですから仕事をする前によくリサーチをしてちゃんと両立できるかどうか、またパートや非常勤での就業は可能かどうか、通勤はできるかどうかなど、あらゆる方向から自分のライフスタイルにフィットするように仕事を吟味する必要があるでしょう。当然、給与のことや就業条件などもしっかり交渉しましょう。自分で交渉するのが難しかったら、転職エージェントに間に入ってもらうこともできます。保健師や医療関係専門に仕事を紹介している会社もあります。ですから職場復帰する前に、そうした転職のプロのコンサルテーションを受けて、自分の方向性、仕事を開始する上で妥協したくないところ、こだわりポイントをしっかり伝えておくことも大事でしょう。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ