TOPページへ < 質問 < 保健所と病院の仕事の違い

保健所と病院では保健師の仕事内容は違うのか?

転職サイトランキングはコチラ!

Q、現在、保健所の保健師として働いていますが、病院の保健師に転職したいのですが、保健所と病院だと仕事内容はガラッと変わるものですか?

保健師というと、行政機関、つまり保健所や市区町村で働く人が多いので、どうしてもそれ以外の職場、学校や企業、そして病院で働く保健師というのがどのような業務、仕事をしているのが分かりづらい部分もありますね。

もちろん、病院も市区町村、国立など公営の病院と、私営の病院があるし、その病院によって保健師に求める業務というのは違います。だからこそその病院が保健師に何を求めているか、どんな仕事内容なのかを転職前にしっかり把握しておく必要があると思います。

保健師というと、病気の予防というのも大事な役割の一つですから、病院で検診センターを併設している場合は、検診時の保健指導や集団で健康セミナーを開いて疾病予防に努めたり、医療連携室でソーシャルワーカーとともに患者さんの入院、退院の調整を行なったり、もちろん病棟で看護師と同じように患者さんの治療やコンサルテーションを行なったり、外来担当で患者さんの健康や家族、医療費に関して経済的な悩みがあれば、ソーシャルワーカーとともに解決できるような手だてを探したり、本当にその仕事の内容は広いのです。

また、市区町村によっては、保健所で行なうべき業務を保健センターで行う場合もあり、老人保健、母子保健などもこの適用になります。また病院で保健師として採用されたとしても、そこは当然看護師の資格も同時に持っている保健師ですから、全国的にどのような医療機関でも看護師が不足しているのもあって、看護師と同様の業務を任されるときもあるでしょう。なにより一番大事なことは、転職時や採用時にどのような業務をメインとして引き受けるのか、もし看護師と同じような業務をするときはどこまでを引き受けるべきなのかをはっきりすることです。採用前、もちろん採用後もその部分を明白にしておくことが大事です。転職してからこんな筈ではなかったと悩まないようにしたいものです。

もし転職エージェントからの紹介を受けて病院に保健師として働くことに決まった場合は、面接のアレンジや就業条件の交渉、給与のこと、そしてもし就業が始まった後でも仕事に関する不満やなにか元々の契約と違う部分がでてくれば、いつでも紹介を受けた転職エージェントに相談できて、バックアップ体制も万全ですから安心ですね。転職前の相談、そして特に公営ではなく、民間の病院に転職することを考えている場合はこうした保健師専門の転職エージェントを利用して病院保健師になることが早道ですし、転職後も期待できるでしょう。保健所の仕事と病院の保健師の業務内容は異なりますが、まずは就業希望先が保健師に何を求めているのかをはっきり知るべきです。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ