TOPページへ < 質問 < 保健師転職に関する質問

保健師転職に必要な知識は?

転職サイトランキングはコチラ!

保健師の必要性や重要性が社会的に認識され始めたこともあって、近年、各分野における保健師の需要が急速に高まっています。特に、社会の高齢化によって拡大する介護分野でその傾向が顕著に見られます。また、医療制度改革による、生活習慣病を予防するための健診・特定保健指導の義務化などが保健師の需要拡大を一気に加速させたといえるでしょう。つまり、近年の保健師の需要拡大の要因は、病気を未然に防ぐ「予防医学」の観点を柱とした医療改革にあると考えられます。

こうした社会背景もあって、保健師を目指す看護師や看護学生が増加しているのは確かです。すでに多くの人が新たに保健師の資格を取得し、各分野においてその業務に就いて活躍しているのも事実です。保健師は、看護師に比べると業務は過酷ではなく、夜勤も残業もないので、規則的かつ安定的な働き方ができる職業です。そのため、看護師から転職した保健師たちは、新天地で生き生きと働いているようです。

保健師には様々な勤務先がありますが、大きく分けると「行政保健師」「産業保健師」「学校保健師」の3つがあります。まず、「行政保健師」は、自治体(都道府県や各区市町村)、保健所などに在籍し、その地域の住民の健康診断や保健指導、乳幼児診断などを行なうのが主な業務です。また、「産業保健師」は、一般の民間企業に勤務し、社員・従業員、その家族などの健康を管理するとともに、保健指導なども行ないます。さらに、「学校保健師」は、小学校、中学校、高等学校、大学、専門学校といった教育機関で、児童・生徒・学生や教職員の健康管理などを行ないます。

このほか、保健師は病院などの医療機関や高齢者介護施設などで働くケースも少なくありません。特に、近年、需要が高まっている介護分野では、訪問介護や施設介護といった数多くの業務があり、しかも細分化の傾向にあります。

保健師の仕事は非常に多岐にわたり、それぞれがさらに細分化・多様化の一途をたどっていることから、新しい職場が次々と誕生し、ますます保健師の需要が高まっています。だからといって、安易な気持ちで業務の内容を十分に確認しないまま転職して、想定外の仕事を押しつけられたり、自分が目指していた仕事ができないといった不満の声が聞かれるようになってきています。また、公務員の立場で仕事に従事する行政保健師の場合は、予期せぬ転勤や配置換えを命じられたといった話しも耳にすることがあります。こうした失敗をしないためにも、転職の際には慎重な職場選びが大事です。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ