TOPページへ < 質問 < 一般企業の保健師に転職

一般企業の保健師に転職したい

転職サイトランキングはコチラ!

Q、一般企業の保健師に転職したいのですが、企業保健師の現状はどんなものですか?

企業にとって、社員が健康であり、しかも機能的に効率よく働いてもらうことが、企業の発展や業績に大きく影響することから、社員の健康管理や病気予防、早期発見などは、企業の重要な役割の一つです。主に大企業を中心にこの傾向は強くなります。企業内で健康管理室や診療所をもっていたほうが社員も安心ですし、待ち時間の短縮や治療の金額の負担が少なくてすみます。

ただし、全国的にみても、企業保健師を採用している企業はそう多くはなく、また一つの事業所で採用する保健師の人数も少ないでしょうから、新卒で保健師の資格だけもち、臨床経験が少ないような人よりは、すでに看護師として臨床経験があって、保健師としても職務経験があるような人材が好まれる傾向にあります。また大企業では在籍する社員も多いですのでかなり忙しい場合もあれば、中小企業や大企業でも健康管理室を多く設置している事業所は定時で仕事をあがることができ、職務の負担もそう多くはないケースもあります。

まずは、一般企業の保健師になりたい場合は、企業の条件に見合うような職歴と経験をもつことと、そうした企業保健師の仕事が出た時に迅速に行動を起こすことです。せっかく条件にあった企業保健師の仕事が出たとしても、保健師の仕事は最近人気ですからすぐに候補の人が決まってしまったり、自分まで情報が来ないうちに締め切ってしまうことがあります。また、実際のところ、一度企業保健師になったり、産業保健師にとして入った人は、その職場の条件が恵まれていればいる程、離職しない傾向があって、そうなると新規で採用するということは考えられません。もちろんその企業に長く勤めている保健師のほうが、企業側としても安心して任せられるという事情もあるでしょう。

看護師や保健師にとってその仕事内容自体は好きでも、時間が不規則だったり、体力的にこれらの仕事がきつくなってくると企業保健師や行政保健師の仕事は定時での就業がほとんどですので、その条件にひかれて転職先として考え始める資格保有者が多くなります。ですから、転職の条件としては、早い情報収集がなによりも大事です。

普段から自分が働きたいと考えている企業のホームページをチェックしておくとか、保健師専門の転職サイトで企業保健師の仕事がでたら教えてもらえるようにしておくとか、まずはそのタイミングや転職チャンスをしっかりものにすることが大事です。その仕事内容は多少企業によって違うかもしれませんが、その企業の社員の健康の為、そして予防の為に日々向上、努力していく姿勢が必要になるのはいうまでもありません。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ