TOPページへ < 質問 < 病院勤務の保健師の夜勤について

病院勤務の保健師だと夜勤はあるの?

転職サイトランキングはコチラ!

Q、保健師に転職したいのですが、病院勤務の保健師だと夜勤はあるのですか?

保健師の転職先としては、行政機関である保健所や保健センターに所属する行政保健師、企業でその社員の健康促進や予防に携わる産業保健師、学校で学生の健康維持や衛生環境に気を配ったり、養護教員として活躍する学校保健師、また当然のように医療や衛生に関連する資格ですから病院で働く保健師もいるのです。ただし、病院といっても国立や市立、区立といった公立の病院もあるし、私立の大学病院もあるので、その働き方や職務は千差万別といってもいいでしょう。

もちろん保健師として病院の健康管理センターで働く人も多くいます。検診の指導や患者さんへの問診、予防医療のスタッフとして健康促進指導や教室、セミナーの開催、疾病予防や感染症の予防に貢献するのも大事な仕事ですし、その上もし介護サービスなども受けているところでは訪問看護や、医療連携室でケアマネージャーと連携を取ってサービスや入院患者の退院の計画を立てたりします。病院保健師として仕事をするのでもそのポストによっては仕事内容はかなり違いますし、働き方もフルタイム、そしてパートタイムもあるし、当然夜勤なども必要とされる場合もあるかもしれません。

一番夜勤の可能性が高い職務としては、看護師的な仕事、つまり保健師として勤め始めても看護師と同じような職務を任される場合です。看護師でも外来だけの看護師は夜勤をすることはありませんが、病棟勤務の場合、夜勤は避けられない場合が多いです。まずは働き始める前に、その業務内容や詳細条件をしっかり話し合い、職務として引き受ける部分を明確にする必要があると思います。一般病棟で働く場合は、看護師と同じような業務を任されることが多くなるでしょう。

もちろん業務の一環として夜勤がある場合は、それを引き受けないといけない、断れない場合も有るかと思いますが、家庭の事情や体力的な問題で夜勤が引き受けられない場合は、面接の際にしっかりそのことを採用側に伝えておくことが大事だと思います。

もし、どうしても夜勤のことを言い出せない場合は、転職エージェントに登録して、もともと夜勤のない職場だけを紹介してくれるようにしておくと、夜勤問題で困惑することもないでしょう。基本的に看護師に比べて夜勤のない職場が多い保健師ですが、それでも職務にどうしても夜勤がある場合は、オファーを断るか、場合によって月に1度のみなど、その条件をはっきりしておきます。まず病院が保健師に何を求めているのか、または募集要項などをよく読んで、病院が求めている人材とあなたの希望の働き方のブレがないように最初によく確認することが大事なのです。それはお互いの関係を良好に保つ為でもあります。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ