TOPページへ < 質問 < 保健師未経験の転職

地域包括支援センターの保健師に転職したい

転職サイトランキングはコチラ!

Q、保健師の資格はありますが、未経験です。それでも保健師に転職できますか?

保健師は、大学や保健師養成校で所定の教育を受けて、保健師の国家資格試験に合格してやっと保健師の資格を得ることが出来るのですが、看護師の国家資格を取得した上で1年の保健師養成過程を修了して試験にのぞむ必要があるため、保健師はつまり看護師でもある訳なのです。

もちろん最近では保健師という仕事の認識が一般社会にもかなり浸透したために、保健師という仕事を選ぶ人も増えているとはいえ、まだまだ人材が不足しているのが現状です。実際に看護師の資格を取得してから看護師としての臨床経験、実務経験がなくてもそのまま保健師の資格を取得すること、そしてそのまま保健師として仕事を得ることは不可能ではありません。しかしながら、保健師として活躍するには、十分な臨床経験やあらゆる年齢層や職業の人と話したり、コミュニケーションをしたりした経験が特に活きてくる職業といっても過言ではありません。

もちろん行政保健師になる場合は、採用の際に年齢制限があるところが多いので、学校を出たばかりで年齢が若い場合は、その分将来の職場の選択肢が広がりますが、一番保健師として採用されやすいのが、すでに看護師として数年の臨床経験があり、実務経験もある保健師です。経験者はもちろん即戦力としてすぐに働けるので、企業、行政、もしくは学校にとっては一番欲しい人材です。また、企業保健師などは、健康相談室に多くて数人、ときに一人しか保健師を配置しないので、そうなると経験や臨床経験の乏しい人では入るのは難しくなるかもしれません。

もちろん、看護師としての臨床経験がなくても、保健師としての職務経験がなくても採用されたり、転職に成功することもできます。必ずしも経験豊富な保健師ばかりが採用されるとも限りませんが、転職市場においてはやはり実務経験重視であることはどんな職業でも当然のことです。

しかし行政保健師を始めとして、保健師の人材は不足していますので、条件にあっていてやる気があれば、未経験でも不可能ではありません。少ない臨床経験や実務経験をやる気やその仕事をしっかり学ぶ姿勢、また人々と積極的にコミュニケーションをとることでカバーできる場合があります。未経験可という案件を探して応募するのも採用の可能性が高くなります。若い人材や、経験がなくてもやる気や熱意のある人は、当然採用されやすいですし、向学心が溢れて、看護師をしながら勉強し、保健師の資格を取得した転職組も、その熱意が買われることが多いでしょう。転職の際に保健師の職務経験は必ずしも問われるとは限らないのです。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ