TOPページへ < 質問 < 保健師と助産師の年収の比較

保健師と助産師の年収はどっちがいい?

転職サイトランキングはコチラ!

Q、保健師に転職しようと考えていますが、最近助産師も良いなと思ってきました!年収はどっちがいい?

職業の選択をする場合、もちろんその仕事に興味がある、また仕事が好きとか適性があるというのも重要ですが、その職業に就くことによってどれくらいの収入が得られるかというのも大事なポイントだと思います。でも現実問題として、保健師と助産師という職種の違いによってお給料や年収が異なるというよりは、どのような機関に勤めるかどうか、その就業先によって年収が違って来るのが普通です。

もし国家公務員として働くとしたら、保健師も助産師も、また看護師もそう違いはありません。平均の年収としては500万円以上になりますが、当然その職務や就業年数によって違ってくると思います。民間の病院や企業で働く場合は、その企業や学校の給与水準に準じるのが普通です。しかし職務による違いは大きくはないかもしれません。助産師さんの場合は、時間が不規則だったり、また夜勤もあったりしてその分の手当は期待できますが、夜勤はお断りという方もいるでしょう。

保健師と助産師の資格は、取得する過程がほぼ重なるので看護師の資格を得てから本格的にどちらを取得することを考え始めてもいいかと思います。ただし、最近は少子化の影響もあり、助産師の業務は単純にお産を助けるだけではなく、幅広く女性の健康や家族計画をサポートするアドバイザー的役割も求められています。衛生教育から妊娠、分娩、産褥、育児の指導や援助などの幅広い業務があります。もともと助産師というと年輩でベテランの人が活躍する職業というイメージがありますが、確かにこのような業務内容を見ると、いまでも人生経験の豊富なベテランのほうが助産師には向いているのは否めないところでしょうか。

保健師も助産師も長く働くことができ、またその資格を持っていることによってブランクにも強い職業だと思います。そしてその養成過程も似ているので、もし余裕があれば両方の資格を取得してもいいですし、また保健師、もしくは助産師の資格を取得し、実際の職務を経験してからそれぞれの資格を取得し直すことも可能です。

その人の適性や経験を活かして、キャリアプランを考え、もし年収をアップしたい場合は、保健師から助産師のような職務自体を変えるというよりはその経験を活かして、職場自体、所属団体を変えたほうが、年収アップには早道です。実際同じ公務員や同じ企業内、病院内では、保健師、助産師という業務の違いがあってもお互いの年収はそう変化ないと思います。年収よりは、自分がその仕事が好きかどうか、また職場環境や働き方のスタイル、または職場への通勤など、様々な条件から自分に適している方をよく考えて進路を選びましょう。最終的には仕事へのやりがいも大事です。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ