TOPページへ < 質問 < 保健師資格以外にあったらいい資格

保健師資格以外にあったらいい資格

転職サイトランキングはコチラ!

Q、保健師に転職したいが、保健師資格以外にあったらいい資格ってありますか?

保健師の資格を持ち、保健師として働くことの前提には、看護師免許を持っていることがあげられます。ですから、保健師の資格を取得しているということ自体が、かなり医療の部分では知識が豊富であることは自明の理でしょう。もちろんそれに加えてそれぞれの職場で必要なスキル、例えば事務処理に必要な基本的なコンピューターの操作スキルや、もし保健師として働く病院や行政機関の付近に外国の人が多く住んでいるのなら他の国の言葉に長けていることは大きなプラスになると思います。

保健師としての就業経験があれば職務を遂行するには十分ですが、もしこれだけは誰にも負けないというような得意分野や特技があったら、もちろん仕事に活用できることでしょう。保健師の仕事は人の悩みや不定愁訴、症状や家族環境やその家族の関係性に渡るまでかなり立ち入った部分まで相談されることがあるし、悩みの相談にも乗ることがあるでしょう。そうなってくると、カウンセラーや臨床心理士などは、保健師に関連する仕事でなおかつその実務でも大分役立って来る資格と言えるかもしれません。理学療法士や臨床検査技師、介護福祉士などももっていて損になる資格ではありません。すべての分野が何かしら関連しているので、とくに医療資格に関しては、その知識だけでもあれば、大分仕事にプラスαがもたらされるでしょう。万一保健師の仕事があわなくて転職したいと考えたときも、別の医療資格をもっていたら、それだけ将来の選択肢は広がるのではないでしょうか。

そしてこれは大変大事なことですが、資格だけで実務経験の伴わない資格というものはあまり重要視されません。看護師や保健師のように必ずその職務につく為には資格が必要な仕事もありますが、世の中の殆どの資格は、もしその分野で実務経験が十分あれば、資格はなくても構わないとする場合が多く見られ、むしろ職務経験のほうを重要視する傾向があるのは知っておいたほうがいいでしょう。

保健師の資格をもっているのですから、他に資格をもっている必要は特にありません。でも、どんな資格や知識でも持っていて損になることはありませんから、もし医療関係以外の資格でも興味のある資格があれば、すすんで取ってみた方がいいでしょう。職務にプラスになるはずです。

なによりもコミュニケーション力や会話力、人を安心させるような雰囲気が大事ですから、特別な資格は持たないまでも、多くの臨床経験、そしてヒューマンスキルが必要なのはいうまでもありません。毎日の仕事の積み重ね、経験値がものをいう仕事でしょう。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ