TOPページへ < 質問 < 保健師が活躍できる場所

保健師が活躍できる場所はどれくらいあるのか?

転職サイトランキングはコチラ!

Q、保健師に転職したいが、保健師が活躍できる場所はどれくらいありますか?

いままではあまり一般に知名度もなかった保健師の仕事ですが、最近医療スタッフの不足が叫ばれるなか、医療関係にすすめば就職先に困らないということと、保健師は行政機関への就職のチャンスが多いことなどもあって注目を浴びることが多くなってきました。なによりも学校、企業、行政、病院など活躍の場が広いということ、そして最終的には看護師資格も使えますので、将来的にも有望です。

このように保健師は就職先や将来の選択肢が広いだけに、できれば保健師の資格を取る前に、自分はどのような機関で働きたいのかビジョンをしっかりもっておくことが必要です。公立の病院や保健所、行政機関に勤める場合は、看護師、保健師の資格の他に、公務員試験に合格する必要があります。また、こうした公的機関は、採用に年齢制限を設けているところが多いので、その年齢制限をしっかり把握して、計画的に行動することです。

ただし、公的機関ではなくても、保健師の場合は数は少ないですが、産業保健師や学校保険師など比較的恵まれた条件で採用される案件が多いので保健師の募集があったらそのチャンスを逃がさないことが大事です。病院の保健師でも、その業務によっては定時で帰ることができるポジションもあるので、できれば就職前にその仕事の内容やポジションの中身をよく知っておくといいですね。

個人で就職活動をする場合、面接のときに仕事内容や業務内容を聞きづらいこともあり、入職してから自分が想像していた業務や環境と異なることはよく起こりがちですが、もし転職エージェントなどに仕事の紹介を頼めば、そうした面接のアレンジや聞きづらい職場環境や待遇の相談も代わりに交渉してくれますし、また働き始めてからのアフターケアなど、キメの細かいサービスを期待することができます。

直接採用案件などに応募するとき、公務員として保健師になるときは、こうしたエージェントを利用することは少ないかと思いますが、看護師、保健師として職務経験があり、民間に就職するときはとくに保健師専門、医療系専門のこうした転職エージェントを利用するのも一つの方法かと思います。また、新たに保健師の資格を取得し、この仕事にチャレンジしようとしているベテランさんでも活躍の場も十分あるので、就職や転職に関してあまり不安を持ちすぎることもありません。看護師や保健師、そして医療関係の資格保持者は働く場所を選ばなければ将来的に求人がないということは考えにくいです。それよりはどんな機関で働くのか、目的意識をしっかり持ってその目標に沿った努力や計画を練ることのほうが将来的に大事かもしれません。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ