TOPページへ < 質問 < 地域包括支援センターの保健師に転職

地域包括支援センターの保健師に転職したい

転職サイトランキングはコチラ!

Q、地域包括支援センターの保健師に転職したいのですが、転職する方法を教えてください?

地域包括支援センターは、それぞれの自治体、地域での担当保健師の支援体制を組織し、そのサポートを行なっているところです。もともとは介護保険法で定められた、地域の保健、福祉、医療、虐待防止など地域住民のQOLの為に働く仕事ですが、市区町村事業であるとともに外部委託も可能となっています。保健師の役割としては、地域住民の疾病の予防や、すでに健康リスクを抱えている人のコンサルテーション、ケアマネージメントの利用計画の作成など多岐に渡ります。保健師の仕事は幅広い知識と経験が必要とされるのですが、これからは超高齢化社会の到来もあって、そうした高齢者を支える為の地域の連携、そして保健師の活躍が必要になってきます。

その地域に住む高齢者が安心して介護や行政のサービスを受けられるように万全の体制を整える為に、地域包括支援センターは機能しています。もちろん、健康不安や福祉に関する質問や相談なども受け付けています。行政の地域担当保健師の役割はこれからどんどん増えていくでしょう。臨床の経験もあり、また子供からお年寄りに至るまで様々な人々の話を聞いて、地域の人々の健康に貢献する大事な役割が保健師にはあります。

地域包括支援センターへの転職は、他の看護師、保健師の現場と同じように供給不足になっています。サービスを提供するケアマネージャーが営利事業団体に所属しているのもあって、サービス過剰や偏りがでやすいところを、保健師が公平に、平等に利用計画を作成するということも経験や判断力が問われるところです。地域包括支援センターの就職、転職は行政の機関ということもあって、直接応募には年齢制限を設けているところもあるでしょう。でも当然のことですが、すでに看護師、保健師として現場で活躍した経験がある、地域包括支援センターで就業経験があるなら、年齢は関係なく雇ってもらえる可能性もあります。但し、扱う仕事が多くなりがちですから、体力的なことや、家庭とのバランスを考えながら職場を吟味する必要があります。

または、今話題の転職支援サービスやエージェントに登録して、自分の生活や希望年収や条件にあったものを紹介してもらうという方法もあるので、積極的に利用してみましょう。全国のネットワークからあなたにぴったりの仕事がみつかる筈です。

保健師は、企業保健師という選択もありますが、おもに公的団体やNPO法人などで働くことの多い公的意味合いの強い仕事ですから、その判断力を磨くために多くの臨床経験や経験が必要でしょう。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ