保健師転職の履歴書作成にお困りなら・・・!

転職サイトランキングはコチラ!

保健師の資格を取得して、就業をするには面接をする際に必要な履歴書があります。

また、応募者数が多い病院やクリニックでは「書類審査」として履歴書が必要となってきます。履歴書はあなたが保健師として就業する為の名刺であり、自分自身であるので。履歴書に不備があったり、志望動機があいまいだと面接採用担当の目に引っかかることはありません。志望動機は一人ひとり違うでしょうし、履歴書の中で唯一あなたの思いを面接官に届ける場所です。

もし、あなたが「もっとお給料が欲しいから転職を考えた」「夜勤がない職場がよかったから」などの理由で転職を考えたとしても、そのまま志望動機にしてしまうと人間的に見ても不採用となるでしょう。採用時の選考過程で重要なことは、入職・転職希望者が、何故その職場を選んだのか、どのように考えて保健師という職業を選んだのかということです。求人応募時に、履歴書や職務経歴書に「志望動機」というのは必ず書くようになっています。これを見ることで、面接官はどのような性格の人でどのような人物なのか大体想像が付くようです。

そこで、一度会ってお話してみたいと思われなければ選考の通過はありません。だからこそ履歴書の「志望動機」はそれほど重要です。また、志望動機に関しては面接時にも必ず聞かれますので要チェックしておきましょう。では、どのような点に気をつけて志望動機を書き上げたらよいか簡単にお伝えします。

保健師の志望動機で一番大切なのは、「保健師を目指した動機」なのです。医療の現場は人の命を扱っているのでシビアな世界です、そんな世界に入ってくる仲間として受け入れるかどうかと言うところに差し掛かってくるのです。医療の一員として働ける喜びを分かち合える人間なのかが伝われば良い結果が出るでしょう。

あなたは、医療にかかわることを目的として難関である看護師・保健師の道を目指して今までやってきたのです。何か強い信念の元、医療の現場で働きたい動機があったはずです。その思いを、履歴書の「志望動機」という欄に、簡潔にまとめて書くことが良い志望動機なのです。綺麗な言葉だけを並べた志望動機でなく、あなたの素直な思いを「志望動機」空欄にうめましょう。

ただし、人気の高い病院や役所関係への履歴書であれば「動機」だけでは、ライバル達に差をつけることは難しいかもしれません。たくさんの応募者があるところでは、素直な動機だけでは、他の希望者との差別化が出来ません。その場合は、御社に惹かれた業務内容や社会貢献度など尊敬の念で応募したことを書き加えると良いでしょう。どんなに書き直しても、履歴書の志望時欄は不安一杯だと思います。

そんな方にお勧めなのは、医療系転職支援サービスを利用し履歴書の添削をしてもらってはいかがでしょうか?転職や就職のプロが面接官の立場になってアドバイスをしてくれるので、鬼に金棒です。ライバル達に差をつけるには転職支援サービスを利用することです。利用料金も一切無料となっていますので、是非ご利用ください。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ