TOPページへ < 産業保健師 < 産業保健師とは

労働者と事業者の健康管理など

転職サイトランキングはコチラ!

保健師は職種の内容から、@行政保健師、A産業保健師、B学校保健師の三つに区分されています。国や自治体で働く行政保健師、義務教育から高等教育までの教育機関に働く学校保健師、そして企業で働く労働者や事業者の健康管理と予防・指導にあたっているのが産業保健師です。

行政保健師が公務員であるのに対し、産業保健師は事業者もしくは団体と雇用契約が結ばれています。学校保健師は公立の場合は公務員、私立の場合は事業者との雇用契約で成り立っている関係になります。保健師などの法律が成立してから半世紀以上を経た現在、産業構造は大きな転換を見せてきました。

また科学や医学の進展もめざましく、社会構造は高度な様相を呈しています。そうした歩みのなかで、医学は治療医学から予防医学へ、健康は身体の健康から心身両面の健康へと変遷しています。産業保健師はこうした時代背景から誕生した資格です。

輻輳する現代社会では、企業においても個人においても、交通整理がうまくいかない場合があります。交通整理ができないとさまざまなトラブルが発生しやすくなります。そのトラブルは、個人の場合、精神に現れる場合があります。社内健診などで身体は健康であっても、心の傷は深く静かに進行していきます。精神を病むといってもこの場合は精神病ではなく、軽度の鬱病や適応障害、パニック障害などになります。こうなると仕事の能率が上がらないだけでなく、社内のコミュニケーションにも大きく影響してきます。

産業保健師は、こうした心に問題を抱えた労働者などを間診し、問題解決を図るよう指導します。また必要ならば精神科での診察を受ける手配なども行います。人間はメンタルな動物です。いつの時代も人間は心に傷を抱えて生きてきました。ある人にとってはその傷が成長のバネになり、ある人にとっては自傷の原因になったりするのです。心の傷を大きく成長するバネにするためには、「ちょっと背中を押す」行為が必要です。

産業保健師の仕事は、「ちょっと背中を押す」行為でもあります。このように産業保健師は、企業に働く労働者にとっては潤滑油的な存在であり、その働きは目に見えるものではないため、「縁の下の力持ち」的な存在でもあるといえるでしょう。 現在、社内に保健課(仮称)などを設け、労働者の心と体の健康を図っている企業は増加の傾向になっています。

保健師の待遇などは企業によりマチマチですが、他の産業保健師の待遇などの情報は、「転職サービス」に登録することで閲覧することができます。自分の処遇が正当かどうか、気になる人は転職サービスへの登録をお勧めします。もちろん転職希望者には、専門のコンサルタントがきめ細かにサポートしてくれますから、希望の条件を充たした転職が可能になっています。

産業保健師に転職したい方は転職サイトを利用する事をお勧めします。当サイトに掲載されているエージェントは全て無料でご利用できます。現在、当サイトではナース人材バンクが最新ランキングで1位です。ナース人材バンクでは面接・見学日程の調整、入職日や諸条件の交渉などを代行してくれるサービスがあります。専任コンサルタントがサポートがしてくれるので、働きながらでも効率的に転職ができます。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ