産業保健師の課題

転職サイトランキングはコチラ!

産業保健師の役割としては、労働から起こるような健康災害を事前に予防することで、快適に働ける職場を作り出すことです。また労働に関わる法律面の知識も必要であることから、幅広いと勉強熱心な方に向いている職業といえます。

全国的に行った統計調査の結果としてわかったことは、非常勤産業医の年間勤務時間は平均37時間の月当たりで換算すると3時間程度となっています。また、中央労働災害防止協会(2000事業場のうち回答707事業場)が行った事業場の産業保健活動に関する実態調査によると、結果として産業医の活動が「1ヶ月に1日程度」となっていました。そういった事業場が33%もあることから、まだまだ普及していない状況です。

産業保健師が行っている活動の状況としては、健康診断結果から判断された業務上の健康障害の措置の検討・実施が64.4%、保健指導が64.6%となっています。それに対して、メンタルヘルス教育の実施状況は36.6%とメンタルバランスを崩した従業員への応対が40.3%となっています。上記の結果から解るように、産業保健師の介入はまだまだ進んでおらず、導入されたにも関わらず、まだこれと言った産業保健師としての業務内容が安定していません。

また、産業保健師が導入されている企業が対策に取り組めていない最大の理由としては『取り組み方がわからない』との回答が全体の42%までのぼっていた。さらに、『専門スタッフが従事していない』と回答したのが約44%と高い水準になっています。以上のことから、産業保健師の課題として『取り組み方がわからない』と答えている企業の産業保健師も割合を減らすことだと言えそうです。何故なら、せっかく企業内に従事しておきながら十分な役割を果たせていないという結果に至っているからです。

近年の就業スタイルから考えると、ストレスを抱えることも多い為、労働から起こる健康災害は年々増えているのです。今のうちに産業保健師全体で情報交換や対策を立てておかなければ、大きな問題となって浮上することになるでしょう。もっと、産業保健師としての役割と責任を明確化するということが今後の課題となるでしょう。

逆に考えると、産業保健師はこれからますます仕事の役割が明確化するので、自分自身で仕事をつくりあげる楽しさを味わえるのも醍醐味となるでしょう。産業保健師は、制度として取り入れられて間もない職業です。今のうちに産業保健師として転職し、遣り甲斐を求めていくもの賢い選択です。もし、あなたが産業保健師として目指している方なら『医療系転職支援サービス』をしては如何でしょうか?

なぜなら、医療系専門の転職支援サービスでは、産業保健師としての資格をお持ちの方の就職に関し、まずどのような職種に付きたいのか、どんな希望や待遇を望んでいるのか、保健師を目指した目的を持っているか等のカウンセリングを行います。後日、専任のコンサルタントがあなたの希望に沿った求人情報を提案してくれます。気に入った場合は、すぐに面接の段取りや事務処理を開始してくれるので、無駄な時間をすごすことなくスムーズな転職活動を行うことが可能です。

また、医療系専門の転職支援サービスは登録から転職・入社・入社後まで一連の流れは一切無料となっていますので安心してご利用頂けます。産業保健師の求人情報はとても人気が高く、掲載されたら直ぐに面接者で埋まる状況です。見つけた際は、直ぐに求人情報をチェックし面接を申し込みましょう。

まずは、医療系転職支援サービスに登録し、産業保健師の求人情報をご確認ください。

産業保健師に転職したい方は転職サイトを利用する事をお勧めします。当サイトに掲載されているエージェントは全て無料でご利用できます。現在、当サイトではナース人材バンクが最新ランキングで1位です。ナース人材バンクでは面接・見学日程の調整、入職日や諸条件の交渉などを代行してくれるサービスがあります。専任コンサルタントがサポートがしてくれるので、働きながらでも効率的に転職ができます。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ