TOPページへ < 産業保健師 < 志望動機

産業保健師の志望動機

転職サイトランキングはコチラ!

保健師を目指している人は、あらゆる志望動機がありますが看護師同様、医療の現場で仕事をしたいと思っている人が多いです。それではなぜ医師でなかったのか、保健師を選んだのかというと明確でない回答の人も多いです。

医療の現場で働くといっても医師と看護師は仕事の中で重なる部分が多いのですが、保健師に関しては重なる部分もありますが保健師としての仕事としては独立した部分もあります。

やはり仕事として働くには、待遇がいいに越したことはないでしょう。看護師の転職理由には時間が不規則だとか、夜勤が辛いなんて人もいますが、保健師は夜勤がまったくないわけではありませんが、産業保健師として企業に勤務するならば夜勤は皆無といっていいでしょう。

なかなか転職の際の志望動機に夜勤がないのでとは言いにくいことでしょうが、実際、夜勤がないことで産業保健師を目指す人は多いです。

それでは産業保健師の採用試験で志望動機を尋ねらえたらどのように答えるのでしょうか。志望動機は面接のときに必ず聞かれます。そしてこの志望動機の返答は面接者がもっとも期待している回答となり、上手にあたりさわりもないことを言うより、希望の企業の一員としてその企業を自分の力でどうしていきたいかということを理解する必要があります。

最近ではホームページなどで企業の情報や企業理念は開示していますので、それらをよく調べることで志望動機をまとめることができます。

しかし、仕事を探す保健師には面接嫌いの人が多いです。もともと人の話を聞くことが多い職種であるからなのか、自分のことを話すのが苦手だとか、何を話していいのかわからないなんて人もいます。産業保健師の募集自体がそんなに多くないので、求人を見つけたら上手に面接を終わらせたいものです。

そんな時に役立つのが模擬面接で、面接の予行練習をしてくれるところがあります。それは、求人さえも紹介してくれる保健師に特化した転職紹介サービスです。

保健師に特化した転職紹介サービスだから実際の面接で問われることを熟知しており、求人情報は企業から直接仕入れてきているのでどんな人材を求めているのか、面接での見せ方に関してもアドバイスをしてくれます。仕事紹介だけでなく企業と保健師をマッチングさせるのが転職紹介サービスの仕事なので、転職成功実績は高いいです。

産業保健師に転職したい方は転職サイトを利用する事をお勧めします。当サイトに掲載されているエージェントは全て無料でご利用できます。現在、当サイトではナース人材バンクが最新ランキングで1位です。ナース人材バンクでは面接・見学日程の調整、入職日や諸条件の交渉などを代行してくれるサービスがあります。専任コンサルタントがサポートがしてくれるので、働きながらでも効率的に転職ができます。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ