産業保健師の英語

転職サイトランキングはコチラ!

近年では、グローバル社会と言われインターネットの普及に伴い、瞬時にして情報が駆け巡り、ときにはニュースよりも早い段階で一般市民に到着するなど、日々進化しています。

そんな社会であることから、海外圏からの情報を取得する為に英語を習得しようという人たちが後を絶ちません。その経緯もあって、勉強を積極的に行ってきた結果、二ヶ国語や三ヶ国語を話し理解できるバイリンガルやトリンガル、または多重言語を理解することが出来るマルチリンガルまで潜在しています。

保健師の世界でも英語に関する知識習得が活性化され、資格取得の際に標準教科として英語を入れる動きになってきています。もちろん、英語能力を取得した保健師に関しては、幅広くグローバルに活躍できるシーンがございます。

グローバル化が進んだ日本では、海外住民が入国しようと年々増加傾向にあり、入国審査が常に繁忙期な状態になっています。入国審査とは、空や船から国境を越えてやってくる海外住民や荷物のチェックを行い、国の安全を守る役割を果たしています。その職務を与えられているのが、入国審査官です。入国審査官は、基本的な在留資格の審査、入国違反者の審査、難民認定審査などを行い、日本の国を安全から守る為、政府が許可していない物品や植物などをチェックしています。入国審査に保健師は必要?と思う方もいらっしゃることでしょう。実は、入国審査官の保健師採用(英語が話せ理解しているもの)は年々増加傾向にあるのです。

それは、麻薬などの危険物チェックはもちろんのことですが…、一番の主たるものは海外圏からの伝染性疫病の対応処置を行わなければいけないからです。まだ、記憶に新しいことだと思いますが『新型インフルエンザの到来』で水際作戦が失敗に終わり、結果として沢山の命が失われました。その反省も踏まえて、入国審査官の強化を行うとして保健師の求人数があがっているのです。当然の結果として、保健師の需要があがっているのです。入国審査官の資格取得には、国家公務員試験に合格し、その後、入国管理局で面接を行い、更に合格したものにあたえられる資格です。

国家公務員採用試験は日本国で難関試験でベスト3に選ばれているほど大変な資格取得。しかし、経済の安定や仕事の遣り甲斐を考えるとチャレンジする価値は十分あるでしょう。

また、保健師が英語をマスターした時に働ける先は、何も入国審査官だけではありません。外国人のためのインターナショナルスクールで保健師の英語力が必要とされ、学校保健師として就業することが出来ます。日本と海外の両方選ぶことができますので、保健師として就業できる幅がとても広がります。しかし、上記のように異色な求人情報は一般求人誌などに掲載されているのでしょうか?確認したところ、現在では見当たりませんでした。

ですが、唯一扱っていたのは『医療系転職支援サービス』の非公開求人です。医療系転職支援サービスに登録することでこれらの情報を無料で得ることが出来ます。さらに、英語が活かせる求人情報も豊富に扱っていますので、一度ご覧頂きたいものです。わからないことがあれば、専任コンサルタントに相談しカウンセリングを受けましょう。あなたが思っている以上のアドバイスや質の高い情報を与えてくれます。

是非、医療系転職支援サービスを活用し、英語力を活かせるバリバリの保健師を目指してください。

産業保健師に転職したい方は転職サイトを利用する事をお勧めします。当サイトに掲載されているエージェントは全て無料でご利用できます。現在、当サイトではナース人材バンクが最新ランキングで1位です。ナース人材バンクでは面接・見学日程の調整、入職日や諸条件の交渉などを代行してくれるサービスがあります。専任コンサルタントがサポートがしてくれるので、働きながらでも効率的に転職ができます。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ