需要は増加傾向だが

転職サイトランキングはコチラ!

18世紀から19世紀にかけて起こったイギリスの産業革命から近年に至るまで、企業に働く労働者の健康は、極端には「自己責任」の範疇でした。わが国でも「保健師法など」が制定されるまでは劣悪な環境での労働が多かったようです。しかし高度に発展した現代社会では、身体の健康だけでなく心の健康にまで配慮された労働環境が目指されています。こうした社会情勢から、企業内に「保健課」や「保健室」を設ける企業は増加の傾向にあります。

一方、企業に働く労働者と企業主の健康管理や健全な労働環境をパトロールする産業保健師は、企業に一人置かれていることが多いのです。もちろん他のメディカルスタッフや事務職員が置かれている場合もありますが、保健師資格者は一人なのです。そのため、雇用数は他の職種に比較して少数であるということができます。

また、企業全体を俯瞰し、人的配置やシステムに至るまで理解することが産業保健師には必要です。つまり、人的環境だけでなく労働環境全体の健康管理が産業保健師の仕事になっているのです。したがって一人の保健師の採用は長いスパンでの雇用となり、毎年新卒を採用する一般企業の採用とは趣が異なっています。

ただし歴史的に見ると「産業保健師」の概念はスタートしたばかりです。現在は、一人の保健師が100人〜1000人、あるいはそれ以上の労働者を対象にしているところもありますが、設置基準として「労働者何人以上は二人の保健師」への動きもあるようです。さて肝心の産業保健師の求人ですが、残念ながら一般のメディアで大々的に行われることはありません。

そこで朗報があります。それは「転職サービスの求人情報」を活用すると、全国の産業保健師募集の情報が入手できるということです。求人情報を閲覧するためには「転職サービス」への登録が必要です。登録は無料です。産業保健師求人の情報が「登録」するだけで閲覧できるのです。登録のメリットはそれだけではありません。さらに産業保健師として転職を考えている人へは、コンサルタントが、希望する条件の職場探しをお手伝いします。

以上のことから、産業保健師の需要は今後高まる傾向にあるのは確かです。持っていると有利な資格やその取得法まで案内してくれる、便利なシステムの「転職サービス」に登録し大いに活用してみましょう。

産業保健師に転職したい方は転職サイトを利用する事をお勧めします。当サイトに掲載されているエージェントは全て無料でご利用できます。現在、当サイトではナース人材バンクが最新ランキングで1位です。ナース人材バンクでは面接・見学日程の調整、入職日や諸条件の交渉などを代行してくれるサービスがあります。専任コンサルタントがサポートがしてくれるので、働きながらでも効率的に転職ができます。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ