産業保健師の採用

転職サイトランキングはコチラ!

産業保健師になるためには、保健師資格さえ取得していれば問題ありません。しかし、実務経験として臨床経験を問う企業が多く存在しています。しかし、あまり臨床経験を問わない産業医・人事担当者など企業によって異なる場合があります。なので、必ずしも臨床経験が無いと採用されないという事はありませんので簡単に諦めることはありません。

実際、行政保健師として働いてきた方が産業保健師として転職し採用されると言ったことは多く聞きます。自分が今までやってきた保健指導や健康指導など企業に役立つ能力をどんどんアピールしてみましょう。きっとその思いは伝わるでしょう。

産業保健師は、企業に働く労働者と企業主の健康管理や健全な労働環境をパトロールする者として、企業に必ず一人置かれている存在です。100〜1,000人規模の企業に対して保健師資格者は一人だけで十分なのです。

そのため、産業保健師の雇用数は他の職種に比べて極端に少数であることがお分かり頂けることかと思います。また、産業保健師の仕事は企業全体を把握し、人的配置やシステムに至るまで様々な仕事内容を理解する必要があります。

要するに、人的な環境を改善するだけで満足する仕事ではなく、労働者全体の健康管理も出来てこそ産業保健師とし勤まる訳です。そのため、産業保健師の採用期間は長期的に考えている為、次から次へと新卒者を採用するような状況ではありません。よって求人の倍率も高い数値となっております。

「産業保健師」の概念は、歴史を振り返ってみるとまだ若く、今後大きく変化していくでしょう。

現段階では、一人の保健師で100〜1,000人とされていますが、労働環境も変わってきているため設定基準も「二人以上の保健師が必要」への動きとなりつつあります。今後、ますます産業保健師の求人は増えていくことが予想されます。

しかし、産業保健師の求人ですが、一般の求人情報誌などでは募集することは残念ながらありません。一般的に募集すると、応募者で殺到してしまうので控えているのです。そこで、産業保健師を目指すあなたに利用してもらいたいのが、厚生労働省から認可を受け人材紹介会社が運営する医療系転職支援サービスです。

ここでは一般に公開されていない『非公開求人』が沢山扱われており、産業保健師の詳細で質の高い求人情報を見ることが出来ます。また、保健師に転職したい方に、どのような職種に付きたいのか、希望する条件や待遇はあるのか、など転職希望の方にヒアリングを行います。キャリアアドバイザーがあなたの希望に合った、又は近い求人を提案してくれます。

提案された求人の面接を受けてみたいとなったら、すぐに面接の手続きや事務処理を担当者が行ってくれるので、スムーズな転職活動を行うことできます。また、当サイトでご紹介している転職支援サービスでは登録から転職するまでに料金を貰うことは一切ないので、ご安心ください。産業保健師として活躍できる非公開求人が豊富にそろっていますので、医療系転職支援サービスを今すぐ利用してください。

産業保健師に転職したい方は転職サイトを利用する事をお勧めします。当サイトに掲載されているエージェントは全て無料でご利用できます。現在、当サイトではナース人材バンクが最新ランキングで1位です。ナース人材バンクでは面接・見学日程の調整、入職日や諸条件の交渉などを代行してくれるサービスがあります。専任コンサルタントがサポートがしてくれるので、働きながらでも効率的に転職ができます。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ