持っておきたい心理系の資格

転職サイトランキングはコチラ!

産業保健師の需要が高まりを見せています。一方、「治療医学から予防医学の方向へ」、また「身体の健康から心身の健康と予防へ」と、社会は進展してきています。各企業でも、「心と体の健康や保健」、「メタボなどの予防」、「健全な労働環境」など、企業全体を俯瞰して捉えることができる企業内専門部門の必要性を認識しています。

一方、産業保健師として転職したいと考えている人は少なくないようです。なかでも「夜勤がつらいので、日勤の産業保健師に」という看護師は多数存在しています。

看護師から保健師、なかでも産業保健師への道を概観すると下記の通りになります。

1.保健師の指定講座を持った大学に進学し1年間学び、保健師国家試験に合格する。
2.産業カウンセラーなど心理系の資格を取得する
3.自治体や病院、あるいは高齢者施設などで、保健師として働き経験を積む
以上の項目の内、1.は不可欠、1〜3は必須ではありませんが、産業保健師として業務に就くうえで必要な事項になります。

保健師指定講座の受講中、Wスクールで心理系の資格を取得する方法もありますが、保健師指定講座は課題も多く、そんなに「甘く」ないようです。まずは保健師資格の取得をめざしましょう。

また現在保健師として働いている人の場合は、心理系の資格は取得しておきましょう。就職に有利なだけでなく、産業保健師として働く自分も楽になれるからです。

以上が看護師や保健師からめざす産業保健師への道となります。ここで朗報です。看護師や保健師の資格者で産業保健師をめざす人は、転職サービスに登録することで、以上の「産業保健師への道」を簡単に得ることができるのです。一人で調べようとすると、まず保健師への指定講座を持つ大学さがしから始めなくてはなりません。これでは、指定講座を受講する前に頓挫してしまいます。

転職サービスでは、保健師の指定講座を持った大学や入試情報、学費、ロケーションなどに至るまで詳細な情報を持っています。これらのサービスは転職サービスに登録することで受けることができます。産業保健師への転職をめざし、大学選びから資格の取得、さらに取得後の企業選びまで、コンサルタントがていねいに道案内してくれます。料金は一切かかりません。

さらに結果として、紹介された企業に就職しなかったとしても訴追は何もありません。安心して利用できるシステムなのです。産業保健師をめざしている人は、まず転職サービスに登録することから始めましょう。

産業保健師に転職したい方は転職サイトを利用する事をお勧めします。当サイトに掲載されているエージェントは全て無料でご利用できます。現在、当サイトではナース人材バンクが最新ランキングで1位です。ナース人材バンクでは面接・見学日程の調整、入職日や諸条件の交渉などを代行してくれるサービスがあります。専任コンサルタントがサポートがしてくれるので、働きながらでも効率的に転職ができます。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ