企業全体を俯瞰し健康を図る

転職サイトランキングはコチラ!

産業保健師の役割は、企業に働く労働者と事業主を健全な労働環境に導くことにあります。具体的には、健康管理・疾病の予防・メンタルケア・労働災害の処置と予防などがあげられます。

企業内での産業保健師は多くの課題を常に抱えています。たとえばインフルエンザの流行時期は、繰りかえし「手洗いとうがいの励行」を喚起します。年数回の健康診断では「異常のチェック」、伝染性疾患の有無、メタボなど生活習慣病予備軍への生活指導、そしてメンタルケアなど。これらが全て同時進行しているのですから、保健師はマルチタイプともいえるでしょう。

産業保健師は、企業内の労働者と事業主をその環境ごと俯瞰し把握します。極端には、労働者一人一人の精神と肉体、そして働く環境が健全に保たれているかどうか、日々パトロールが行われているといってもよいでしょう。加えて、全体を健全な環境に導くための「提案」や、そのための「企画立案」も産業保健師の仕事の一つです。

近年クローズアップされているのが、保健課(仮称)での「悩み相談」が多くなっていることでしょう。ほとんどの「悩み相談」は、軽度の適応障害や更年期障害など、あるいは課内の人間関係などですが、精神科医の診断を必要とするケースもあります。そうしたばあいはすみやかに該当の精神科医を紹介するなど臨機応変な対応は欠かせません。

このため、産業保健師には心理学系統の資格は課せられてはいませんが、産業カウンセラーや各種の心理士資格などを取得しておくと役に立ちそうです。ちなみに心理士系資格には国家資格がありません。現在頂点に立つ資格は「臨床心理士」となっています。

産業保健師をめざしている人は、転職サービスへの登録をお勧めします。というのは、産業保健師の求人はメジャー媒体にはあまり掲載されないからです。転職サービスでは、全国規模で産業保健師の求人情報を持っています。これらの貴重な情報は、転職サービスに登録することで閲覧できます。現在、保健師として働きながら、産業保健師をめざしている人も転職サービスへの登録をお勧めします。というのは、持っていると有利な資格やその取得法など、転職のコンサルタントによるなどさまざまなアドバイスを無料で受けることができるからです。

登録やアドバイスなどすべて無料です。巣のステップアップをめざして、貴重な情報とアドバイスを大いに活用しましょう。

産業保健師に転職したい方は転職サイトを利用する事をお勧めします。当サイトに掲載されているエージェントは全て無料でご利用できます。現在、当サイトではナース人材バンクが最新ランキングで1位です。ナース人材バンクでは面接・見学日程の調整、入職日や諸条件の交渉などを代行してくれるサービスがあります。専任コンサルタントがサポートがしてくれるので、働きながらでも効率的に転職ができます。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ