学校保健師の採用について

転職サイトランキングはコチラ!

学校保健師になりたいと思い、保健師の資格取得と同時に養護教諭の資格を取った人もいると思います。学校保健師でも小学校や中学校、高等学校では養護教諭の資格が必要となります。子供の成長を見届けたいという強い思いで学校保健師を目指す人もいるのだと思います。そして小学校や中学校、高等学校の保健師を目指すには、各自治体の教員採用試験にも受からなくてはならず、長い道のりです。

学校保健師の採用に関しては、就職したいとおもう学校によっても異なってきます。公立学校を目指すのであれば公務員試験を受ける必要がありますし、私立学校であれば、学校ごとの基準をクリアする必要があります。

公立学校をめざし、公務員試験を受ける場合は、専門知識に関係する筆記試験があり、一般教養の筆記試験、さらに面接という流れがほとんどです。私立でも公立でも面接は必ずあります。学校保健師が相手にする大半は生徒、子供ですので、人格などが問われることは当たり前で、面接重視といっても過言ではないでしょう。

学校保健師の求人もあまり見かけないのではないかと思うのですが、これらは行政の広報などで募集していることが多く、求人情報として雑誌等をみているとなかなか出会わない求人です。学校保健師になりたいという熱い気持ちがあるのであれば、転職就職紹介サービスで探すのが手っ取り早いでしょう。保健師に特化している求人が常時1万件くらいあり、その中に病院や企業、学校の求人があるので、保健師としての求人数が多いというところがおすすめです。

また、条件のいい求人情報がたくさんあるので、学校保健師を目指していた人が産業保健師になりたくなるという事もあります。転職就職紹介サービスに掲載されている求人の条件がいい理由として、紹介制だからなのです。求人誌で募集するような誰だかわからない人からの応募ではなくて、サービス会社で人となりをみているので、ある程度のフィルターにかけられた人という位置づけになるからです。ですから、実力以上の転職ができるのです。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ