学校保健師の求人について

転職サイトランキングはコチラ!

保健師の仕事では大半が地域の保健所で仕事をしているのですが、その他には企業の社員の健康を管理する産業保健師や学校で生徒や教師の健康を守る学校保健師という仕事があります。学校保健師は学校保健法という法律に基づいて業務を遂行していきます。学校保健師でも小学校、中学校、高等学校と大学では少し資格が違ってきます。小学校、中学校、小学校の保健担当は、養護教諭で、大学は保健師の資格をもった人が担当します。ですから、保健師の資格をもっていて、養護教諭免許も合わて持っていれば、教育現場のすべてで保健業務に就くことができます。

ただ、資格を持っていても小学校や中学校、高等学校で働くには、各自治体の教員採用試験を受けて受からなければ働くことはできません。教員採用試験に受かっても受け入れる学校がないと、保健職として就くことはできません。最近は少子化の問題もあり学校が統合されることも珍しくありません。ですから、学校保健の求人もどんどん減少しているといいます。それでも学校保健の仕事に就くのか、時代の流れを受け止めて保健師として新たな職場を模索するのか、どちらも選択肢に入れておく必要があるでしょう。

少子化と比べて高齢者はまだまだ増えていきます。そして、保健師も今までにはない職域まで可能性が広がってきました。現在の求人状況がどこに集中しているかも考えて、就職活動をする必要があります。

そのように、就職や転職に関してサポートが必要になった時に役立つのが保健師に特化した転職就職紹介サービスです。自分で仕事を探すのとは全く異なり、仕事探しを専任のアドバイザーが代行してくれるので、求職者の条件にあった仕事を探してくれるのが特徴ですが、もう片方では、もっと新しい将来性のある保健師の仕事を紹介してくれることもあり、結果的に転職してよかったということになるのです。求職者が学校保健師にどうしてもなりたい、と思っても、少子化で国の法律もどう変わるかわかりません。そんなときに、もっと成長していく職場があるとしたら、検討してみてもいいと思います。そういうことも含めて自分一人の転職より、はるかにレベルの高い転職ができます。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ