TOPページへ < 学校保健師とは

現状ではW資格者が活躍

転職サイトランキングはコチラ!

保健師が活躍できる職業の一つに「学校保健師」があります。学校保健法によると、小学校・中学校・高等学校には養護教諭が配置され、大学や専門学校などには学校保健師が配置されるようになっています。どの資格も、学校に通う生徒と教職員の健康管理や予防・保健が主な目的となっています。

養護教諭と学校保健師の違いは、養護教諭が教職の免許を取得しているのに対し、学校保健師は教職免許を必要としていないことです。ただし、保健師でありかつ養護教諭であるというW資格者もいます。養護教諭の資格は大学教育学部の指定学科を卒業することで取得できます。また、保健師資格を持っている人は、文科省の指定する単位を取得することで養護教諭の免許を得ることができます。

一方、健康に関する社会の動向は、治療医学から予防医学へと進展しています。学校教育においても養護教諭だけでなく、保健師の素養を合わせ持った資格者の必要性が叫ばれています。

しかし現状では、保健師資格と養護教諭免許を合わせ持った教育機関は設置されていないため、保健師資格取得後、文科省の指定単位を取得した保健師がW資格者として業務に就いているのが現実です。有効な養成機関の設置が望まれますが、社会は少子の方向へ急速に歩を進めています。大学教育学部では定員削減や学部の統廃合が行われています。

さて学校保健師の具体的な業務では、朝起きたら顔を洗い歯を磨く、帰宅したら手を洗いうがいをする、といった低学年への指導から、男女の生理の違いや心の性著と身体の関係など幅広い視点で生徒と関わります。保健室の先生に「メンタルケア」してもらった記憶を持つ中高年者も少なくないでしょう。心のケアが喧伝される以前から、保健室はメンタルケアの場だったようです。

このほか、学校内での怪我や病気の応急処置などにも対応します。養護教諭は担任と授業は受け持ってはいませんが、保健指導の授業をすることがあります。以上のように、現状では、小・中・高の各教育の場での学校保健師に就くことはできません。大学や専門学校の学校保健師には就くことができます。

小・中・高の各教育機関の学校保健師に転職を希望している人は、転職サービスに登録してみませんか。文科省が指定する単位をどこで取得すればよいのか、取得単位数なども合わせてアドバイスしてもらえます。

さらに取得後は自治体の教職採用試験があります。この採用試験に合格して初めて、小・中・高の各学校の養護教諭になることができます。こうしたアドバイスや情報は、転職サービスに登録すると無料で得ることができます。少子の時代とはいえ、学校教育の場では保健師の素養を持った養護教諭が求められています。W資格のチャレンジ希望者は、まず転職サービスに登録してみましょう。

学校保健師に転職したい方は転職サイトを利用する事をお勧めします。当サイトに掲載されているエージェントは全て無料でご利用できます。現在、当サイトではナース人材バンクが最新ランキングで1位です。ナース人材バンクでは面接・見学日程の調整、入職日や諸条件の交渉などを代行してくれるサービスがあります。専任コンサルタントがサポートがしてくれるので、働きながらでも効率的に転職ができます。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ