TOPページへ < 基礎情報 < 学校保健について

学校保健について

転職サイトランキングはコチラ!

子ども達が、安心して健やかに育つためには、家庭や地域だけではなく、教育の場である学校においても、常に子どもたちの身体と心の健康に気を配る必要があります。学校保健とは、児童や生徒の精神的・身体的健康を保持するとともに、学校生活を健康に過ごす能力や知識を発展させる教育活動の事をいいます。学校保健については昭和33年から学校保健法という法律によって規定されてきたが、平成21年(2009年)4月1日に「学校保健安全法」に改題され、学校保健の充実を図るとともに児童生徒等の安全の確保が図られるように、学校における安全管理に関する条項が加えられてました。

学校保健の領域は、大きく3つに分けられます。一つ目は、「学校管理」に関する領域です。学校保健安全法の中でも、児童生徒等の「健康保持」や「健康増進」のために必要な事項が規定されています。具体的には、学校ごとに保健計画を立て、環境衛生の維持・改善に努める。健康診断を定期的に実施する。感染症の予防や感染症による学級閉鎖に関することなどです。

二つ目は、「保険教育」に関する領域です。健康、安全で幸福な生活のために必要な習慣を養い、心身の調和的な発展を図ることを目的として保健教育が行われる。主に、小学校や中学校などの教育課程において、保健・体育の教科や特別活動などの時間に、保健に関する指導を行い、健康で安全な生活を営むための知識の習得や学習を行っています。

三つ目が、「安全管理・指導」についてです。近年、突然の災害や不審者乱入などによる事故などの多発などや、O−157など、学校における危機に関する安全対策が強く求められるようになりました。安全管理面では、児童生徒の安全な学校生活を確保するための学校環境の整備、救急体制の確立、危機管理の実施などが行われています。また、学校内、登下校時の安全管理や生徒児童に対する安全教育の指導も行われています。

学校保健のための学校内の施設が「保健室」です。保健室は、健康診断、健康相談、保健指導、応急処置等を行う場所として、学校内に設ける事が義務付けられています。一般的に小学校や中学校、高校などの初等・中等教育の現場では、保健室にはいわゆる「保健室の先生」養護教諭が常駐しています。養護教諭は正規教員で、教員免許状の普通免許状を有している必要がありますが、保健師の資格を持っている場合には、都道府県の教育委員会への申請によって、養護教諭二種免許状が与えられ、学校保健室で働くことができます。