TOPページへ < 学校保健師 < 年収・給料

学校保健師の年収・給料

転職サイトランキングはコチラ!

保健師は、看護職の一種ではありますが、実際に病院にて患者さんのケアをするというよりは、地域看護学(公衆衛生看護学)に基づき、対象となる地域や団体の健康管理・維持・増進に努めたり、疾病の予防のための対策をとったりと、その業務の内容は多岐にわたり、活躍の場も様々です。

保健師は、所属する場所によって、「行政保健師」「産業保健師」「学校保健師」の3つに分けられます。 行政保健師とは、行政に所属する保健師です。行政保健師は、さらに、保健所保健師と市町村保健師とに分かれます。 産業保健師は、一般企業に所属し、企業に勤める人々の健康管理などに努めています。学校保健師は、学校保健法で定められた大学などに勤務し、学生や教職員の健康管理に努めます。 最近では、この3つの他にも、老人ホームや介護施設など、保健師の活躍は広範囲で求められています。では、学校保健師の給与についてみていきたいと思います。

先に、学校保健師は、学校保健法によって定められた「学校」に勤務すると書きました。 学校での保健活動というと、すぐに思い浮かぶのは保健室かと思います。思い起こしてみれば、小学校や中学校、高校の頃は、 保健室にはいつも保健の先生がいました。小学校、中学校、高校の保健室に常駐している保健の先生には、養護教諭の免許が必要です。 保健師の資格を持つ養護教員もいれば、養護教諭の資格のみの教員もいます。いずれにせよ、養護教員といえども、小中高の教員であることに変わりはありませんから、 公立の小中学校、並びに高等学校の養護教員であれば、公務員の給与規定に準じますし、 私立の小中学校、高校の養護教員であれば、それぞれの学校の給与基準ということになります。

一般的には、公立の教員の給与の平均は、年齢にもよりますが、年収にして400万円から600万円くらいだそうです。

では、大学はどうでしょうか。大学には、保健管理センターや健康科学センター、大学診療所などが設置されています。 高校までの保健室よりも格段に規模が大きく、内容も充実しており、健康相談だけでなく、健康診断、診察や薬の処方なども行っています。 各大学によって様々ですが、概ね、これらの機関には、医師、保健師、看護師、その他コメディカルスタッフ、医療事務スタッフなどが勤務しています。 再三述べているように、学校保健法に定められた学校などに勤務する保健師を学校保健師と分類するわけですが、 特に私立の大学などの保健管理センターに勤務する保健師は、どちらかというと産業保健師に近く、給与水準も、産業保健師と変わらないようです。

学校保健師に転職したい方は転職サイトを利用する事をお勧めします。当サイトに掲載されているエージェントは全て無料でご利用できます。現在、当サイトではナース人材バンクが最新ランキングで1位です。ナース人材バンクでは面接・見学日程の調整、入職日や諸条件の交渉などを代行してくれるサービスがあります。専任コンサルタントがサポートがしてくれるので、働きながらでも効率的に転職ができます。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ