TOPページへ < 転職・求人 < 志望動機

保健師転職の志望動機にお困りなら・・・!

転職サイトランキングはコチラ!

保健師として就職や転職をする場合、決して背駆ることの出来ないのは面接時に聞かれる志望動機では無いでしょうか?一般的に、面接試験は履歴書を見て面接官が目に留まった内容に沿って今までの就業内容や成果などの質問されることが多いです。保健師の面接試験でも同じように、さまざまな質問を投げかけられます。その際に、面接官が必ず聞いてくるのが『当社(保健師)を選んだ志望動機』でしょう。

学生や、看護師から保健師への転職であれば「なぜ保健師を目指したのか」などが聞かれます。保健師として活躍している人が新たに転職する場合でしたら「どうして転職を試みたのか?」などが当たり前のように聞かれます。一般的な回答として、「御社の○○に興味を持ったので」など事前に調べておいたことで返答するのも良いでしょうが…実際のところ、このような返答をしても面接官の心を打つような事は無いでしょう。

面接担当者は、今までに沢山の数の保健師として就業したいという面接者を見てきています。作られた言葉では、面接官の印象にのこることはありません。むしろ、「うまく作られているな…」と悪い印象も与えかねません。面接担当者がほんの数分の間で見たいのは、「その人の考え方」「そのひとの人間性」なのです。この人が入社することで、このようなメリットがあると判断したいのです。

また、人間性を見ることで仕事が続くかどうか、周りとのコミュニケーションが上手くいくのかなど、さまざまな角度で物事を捉えるのです。上手な文章を並びあげた志望動機を読むよりも、素直に保健師としてこのように活躍していきたい、頑張っていきたいと伝えるほうが大切になってきます。もし、今までに保健師の方にお世話になったことがあって恩返しがしたいのであれば、それをわかり易く志望動機を切実に伝えるだけです。誰が聞いてもわかるような嘘を言わず、不自然な志望動機で無い限り、志望動機が理由で不採用になることはないでしょう。

まとめると、綺麗な文章を並べ丸暗記した言葉を読み上げるのではなく、自分の気持ちを十分に整理ししっかりと思いを伝えるようにしましょう。相手も人間ですから、切実に話せば伝わるものがありますよ。それでも、面接をうけるとなると誰もが緊張しますし不安もあるでしょう。その場合は、第三者を含めて練習することが良いでしょう。中でも、転職や就職のプロ集団がいてる医療系転職支援サービスのコンサルタントに相談してみてはいかがでしょうか?

医療系転職支援サービスは、求人情報だけが得れるだけでなく、面接の練習やアドバイスなども親身になって行ってくれますので、緊張や不安が和らぐでしょう。しかも、相談料は一切無料になっていますのでひとりで悩まず、転職・就職のプロに志望動機の話し方のアドバイスをもらってみてください。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ