進路の多様化で需要増

転職サイトランキングはコチラ!

これまでは、新卒の保健師の進路は、約80%が行政保健師として就職していました。保健師の活躍の場が多様化してきているため、今後の比率では減少していくと思われますが、半数を下回ることは考えにくいとも思われます。それほど行政にとってはなくてはならない存在となっています。

保健師の仕事では、対象となる年齢層が広く、職場も役所の相談窓口や福祉事務所、高齢者のコミュニティーセンターなどさまざまです。人間の保健を相対的に捉え実践していく専門家ですが、新卒保健師にとってはあまりにも茫洋としているかもしれません。いかし保健師の仕事は人間が相手です。多くの人との交流により、保健師という専門職がより深く育てられるのです。

さらにステップアップ資格をめざす人は、「保健師経験」が活かされるのだということを知っておきましょう。さて肝心の新卒求人ですが、公務員では、一斉に行われる国家公務員採用試験、各自ばらばらに行われる各自治体の採用試験の二種類があります。

転職サービスでは、国家公務員採用試験はもちろんですが、全国の自治体の採用試験情報を詳細にキャッチしています。転職サービスに登録した保健師は無料でこれらのサービスを受けることができます。情報の閲覧も自由です。また入試が難しいとされている産業保健師の求人情報も、転職サービスでは毎年新しい情報をそろえています。

保健師としてどの進路が一番ベターか。一生に一回限りの新卒求人では、大いに迷うところですが、転職サービスに登録すれば、専門のコンサルタントが的確なアドバイスでフォローしてくれます。まずは在学中から、「転職サービス」のサービスメニューを閲覧ください。保健師の就職・転職・再就職はもとより、ステップアップの方法や養成機関に至るまでナビゲートしているのです。

コンサルタントは「保健師就職」のプロです。毎年多くの保健師の就職や転職、ステップアップのための入学などを支援してきています。安心して何でも相談できます。また、転職サービスへの登録や各種のサービスは一切無料です。転職サービスに紹介された職場に就職しなかった場合でも、経費は一切かかりません。

保健婦から保健師への法改正により、新しい「保健師」はスタートしたばかりです。社会的な認知度の高まりとあいまって保健師の需要が高まっている現在、転職サービスの便利なシステムを活用して社会に大きく飛び立ってください。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ