TOPページへ < 基礎情報 < スキルアップ

高学歴化のスキルアップ

転職サイトランキングがコチラ

保健師の仕事は地域と人的対象が広範囲にわたるため、専門の知識と技術だけでなく深い一般教養が求められる資格です。しかし現状では、保健師の上位に位置する資格はありません。一人一人の保健師が、自分の資格を自覚し、目的に応じてスキルアップが図られているようです。

その意味で、学んでいると役に立つ講座や資格は以下の通りです。

1.「産業カウンセラー」「心理学」「メンタルカウンセラー」など。
保健師の仕事の一つに「産業保健師」があります。近年では、企業全体の健康の維持と予防をめざし、企業内に保健室(仮称)などが設けられていますが、ここで働く保健師のことです。輻輳する現代社会は、身体の健康だけでなく心の健康にも配慮された対応が望まれてきています。企業内保健室で実際に社員の訴えや相談を受けた場合、専門の心理カウンセラーの診断が必要かどうかを判断する能力が保健師に求められます。その意味で、上記の資格や講座の受講は役立ちます。

2.大学院への進学
繰りかえしになりますが、保健師の仕事は大きく奥が深いのです。仕事を全うさせるためには、常に自分のスキルをアップさせる必要があります。関係行政でも看護師資格の法整備が検討されていますが、大学院進学が現在では最も効率の良いスキルアップといえそうです。修士課程・博士課程があります。卒業後の進路として、行政保健師だけでなく、大学や専門学校などの教授や講師として後進の指導に当たることになります。

現在ではまだ少数ですが、保健師資格をベースに、さまざまな資格を主として「独立開業」している保健師もいます。世の中が、やっと「保健師」の存在価値を見いだしたといって良いでしょう。ちなみに「独立開業」の業務には、保健室を持たない中小企業などの健康相談や介護センターなどの健康・保健指導、労働衛生などをテーマにした講演などがあります。

さらに保健師資格の取得者は、都道府県労働局に申請すると「第一種衛生管理者」の資格が取得できます。この資格はどの産業にも対応可能なため、取得しておくと、活躍の場が広がるだけでなく、スキルアップにもつながります。注意が必要なのは「養護教員二種免許」。インターネットでも申請で免許が得られると報じられていますが、これは間違いです。文科省の定める単位を履修していなければ取得できません。さらに養護教諭一種免許も同様に所定の単位の履修が必要です。

以上、さまざまなスキルアップの方法がありますが、自分のめざしたい分野にもっとも適したスキルアップは何か、お悩みの人は「保健師転職サービス」に登録しませんか。

転職サービスでは、保健師のスキルアップをきめ細かに支援しています。登録は簡単、しかも無料です。有利な資格や講座を自分で細大もらさず得るのは大変です。そんなときは、登録するだけで利用できる転職サービスのシステムを利用してみましょう。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ