保健師の留学

転職サイトランキングはコチラ!

保健師として留学を考えている人も多いと思います、ですが、卒業後どの道を進むかというので悩む人がいるといいます。もちろんそのままの土地で仕事を探す人もいるでしょうが、数年後には日本に戻ってくる人も多いです。

日本の保健師は保健所で働く人が多く、海外留学は経験の一つにはなりますが、絶対必要で職探しの武器になるかというと不明です。看護師などであれば、最新技術を学んだということで重宝される場合もありますが、日本では勤務する地域によっても属性が大きく変わり、まずその土地のことを知ることが重要な任務となってきます。

しかし、産業医などでは外資系の企業もあり英語のできる人を募集している企業もあります。このような特殊な仕事が求人誌や一般的な求人情報に掲載されることはほとんどありません。専門の中でも専門性を極めるので、効率のよい求人募集は保健師に特化した媒体になります。

また、保健師として海外で働きたいという人もいるようですが、海外の医療事情や健康事情は日本とは比べものになりません。医療先進国のアメリカもありますが、住人の健康を考えると食生活が乱れていて、メタボの人が多いのが現状です。保健師の基本的な仕事は病気になった人のケアではなく、病気を未然に防ぐように指導していくことです。肉食や脂っこいものがメインとなっている食生活のエリアの人に向けての保健師の仕事はハードであることが考えられますが、それによって病気にならない人が増えれば、保健師としてやりがいがあると思います。

また、医療機関さえないような国もあり、子供さえも成長することが難しいのです。そんなところで日本の保健師が学ぶことは大きいと思います。各国の健康を見守り、病気を未然に防ぐことも素晴らしいことですが、海外での保健師の役割りとしては、その国の人たちに学ばすということがあります。保健師は医療行為をするわけではないので、国の人たちが自分たちにもできる何かをつかんでもらえるということは大きな役割だと思います。

保健師として海外で仕事をするにはJICAなどで募集し斡旋していますが、発展途上国への派遣がほとんどです。海外留学経験がある人が日本で仕事を探す場合や、海外で仕事を探したい人も、保健師に特化した転職紹介サービスならば、いろんな求人があるのでぜひ使ってみたいですね。海外の看護職や保健職をみてみたい、学んでみたいという人は、転職紹介サービスに登録してみてはどうでしょうか。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ