地域包括支援センターの採用方法

転職サイトランキングはコチラ!

地域包括支援センターの採用は、試験と面接というのがほとんどですが、職種や団体によっては面接のみというところもあります。地域包括支援センターでは、それぞれ有資格者がいて、ほとんど経験者を募集しているところから、専門業務に関しての試験などよりも、人となりをみるための試験や面接をすることが多いようです。

地域包括支援センターへの転職を希望されている保健師は、介護計画を作ったことがなく、自分の今までのキャリアで大丈夫かと不安になるそうですが、地域包括支援センターの保健師の仕事は、保健所の仕事とは全く異なるもので、言えば、新しい業務で最初からできる人はいません。実際、保健師の経験が豊富な人が行っても、いままでの業務と違い過ぎて戸惑うといっています。

そして、実際地域包括支援センターに転職を果たした人をみると、採用自体が難しいとは思いません。そのあたりの、どんな人が今までに転職しているのか、実際転職してどうなのか。地域包括支援センターといっても運営先で環境は大きく変わってくるので、何を基準に探したらいいのか、など、新しい職業のようなものなのでいろんな不安が出てくると思います。

そういう転職の不安を払拭するのが転職紹介サービスです。地域包括支援センターで働くと決めたなら、その経験者の話を聞いたり、どんな人が今まで転職に成功したのか、といったことを転職紹介サービスのコンサルタントから納得いくまで聞いてみたらいいです。また、実際見てみたい施設があれば、見学をすることも可能です。登録をしなければ、これらのサービスを提供してくれるところはまずないでしょう。

転職紹介サービスは、応募先から条件をデータでもらっているのではなく、ちゃんと担当者がその施設の人と話をして、どんな人を雇いたいのか、ということまで聞いてきているので、求人情報も深いのです。だから、応募先の施設がどんな状態で、どんな人で構成されているか、どんな職場雰囲気か、ということを実際見たり聞いたりしています。

そして転職紹介サービスを使う利点は、転職者が長く働き続けてくれることで、施設から紹介料をもらうシステムなので、転職者が転職後すぐやめるなんてことは絶対避けなければならないのです。ということは、応募先に関してありのままを伝えるしかないのです。転職を決めさせたいからといって、応募先の情報をよく伝えたところで、すぐ辞められたらまったく仕事として成り立たないのです。だから、転職者には有利な転職ができるので理想以上の転職ができたと、みんな喜んでいるのです。

地域包括支援センターへ転職を考えている方は転職サイトを利用する事をお勧めします。当サイトに掲載されているエージェントは全て無料でご利用できます。現在、当サイトではナース人材バンクが最新ランキングで1位です。ナース人材バンクでは面接・見学日程の調整、入職日や諸条件の交渉などを代行してくれるサービスがあります。専任コンサルタントがサポートがしてくれるので、働きながらでも効率的に転職ができます。

地域包括支援センターの保健師求人探しならコチラ!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ