地域包括支援センターの保健師の役割

転職サイトランキングはコチラ!

地域包括支援センターの役割りと同じく、そこで働く保健師の役割りとは、大きく分けて4つあります。
総合相談・支援事業
介護予防ケアマネジメント事業
権利擁護事業
包括的・継続的ケアマネジメント支援事業

と分けられており、高齢者を対象に幅広く相談を受け付け、介護、医療、福祉、保健などの制度を紹介することや、介護が必要と認定された高齢者に介護予防教室を実施するなど介護予防のケアを手伝うことや、高齢者の虐待予防や悪質商法からの被害防止などを通じて、地域のボランティアや介護において悩みを抱えた家庭などにセミナーを開くなどの手助けを保健師がすることになります。

地域包括支援センターでケアプランをつくるのは基本的に保健師となり、いままではケアマネジャーが担当していました。地域包括支援センターの狙いは給付の抑制にあるともいわれています。ケアマネージャーの多くは企業やサービス提供事業者に所属しているのでどうしても営利優先となってサービス過剰などもあり、厚生労働省はサービスの利用者が増えすぎたと判断しました。

市町村が責任を持って運営する地域包括支援センターに、適切なケアマネジメントを基本として公正・中立なサービス利用計画をつくることで給付抑制ができるとにらんだようです。しかし、予防給付の対象となる軽度者でも150万人ともいわれていますが、地域包括支援サービスの設置数が5千件ということなので、利用計画を作る保健師が足らない状態になっています。

それによってケアマネージャーに委託できるようにしたようですが、最終的な判断、責任は保健師にかかってっくるようですので、保健師の激務というのは免れない状況化もしれません

このあたりの人数の調整や教育体制がしっかりしていると、保健師の仕事としてまた一つ新しい場所が確立します。実際勤務している看護師はまだ、システム的に固まっておらず、仕事内容も保健所などとは全く違うので戸惑うとも言っています。これらの経験者の話が聞けるもの、転職紹介サービスで、職場見学などを実施していますので実際の声を聞けるチャンスだとおもいます。

地域包括支援センターへ転職を考えている方は転職サイトを利用する事をお勧めします。当サイトに掲載されているエージェントは全て無料でご利用できます。現在、当サイトではナース人材バンクが最新ランキングで1位です。ナース人材バンクでは面接・見学日程の調整、入職日や諸条件の交渉などを代行してくれるサービスがあります。専任コンサルタントがサポートがしてくれるので、働きながらでも効率的に転職ができます。

地域包括支援センターの保健師求人探しならコチラ!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ