地域包括支援センターの保健師

転職サイトランキングはコチラ!

地域包括支援センターでの保健師の役割りというと、センターの役割りである、総合相談、介護予防、権利擁護、ケアマネジメント支援を潤滑にまわるようにするスタッフであるということが大きな役割といえます。

この中で保健師の役割りは、利用計画を作ることです。現在はサービスを受ける対象となっている人の数が、地域包括支援センターの件数をはるかに上回り、それによって大変になってくるのは保健師のようです。

これらの裏には、営利目的事業に所属していることが多いケアマネージャーの活躍がどうしてもサービス過剰となり、給付を受ける人が増えてきてしまったことから、保健師によって、適度なケアマネージメント、公平で中立な利用計画をつくることが保健師の役割りとなりました。

サービスを受ける予想人数と、センターの設置数を単純に計算したところ、保健師1人につき300人の利用計画を作るような計算もでているといわれます。これらの制度がきっちり整えば、保健師の仕事として確立され新しい可能性が楽しみです。

地域包括支援センターの制度や看護師への教育制度も整ってくると、保健師の募集が増えるのではないかと思います。しかし、医療の現場ではどの職種も人手不足といわれています。ブランク保健師もそろそろ準備を始めてもいいかもしれません。そんな不安を自信に変えてくれるのが転職紹介サービスです。ブランク保健師へのセミナーや、ブランク保健師を積極的に受け入れてくれる職場もあります。不安の多い転職に関して、背中を押してくれるのが転職紹介サービスの専任コンサルタントです。登録、利用も無料ですからまず登録から始めませんか。

地域包括支援センターへ転職を考えている方は転職サイトを利用する事をお勧めします。当サイトに掲載されているエージェントは全て無料でご利用できます。現在、当サイトではナース人材バンクが最新ランキングで1位です。ナース人材バンクでは面接・見学日程の調整、入職日や諸条件の交渉などを代行してくれるサービスがあります。専任コンサルタントがサポートがしてくれるので、働きながらでも効率的に転職ができます。

地域包括支援センターの保健師求人探しならコチラ!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ