地域包括支援センターの役割と運営

転職サイトランキングはコチラ!

地域包括支援センターの基本機能として、「総合的な相談窓口機能」「介護予防マネジメント」「包括的・継続的なマネジメント」の3つを掲げています。総合的な相談窓口機能には、社会福祉士・介護予防マネジメントには保健師・包括的・継続的なマネジメントには主任ケアマネージャーが配置されており、どのような相談にも対応できるように構築されています。

介護サービス側であるケアマネージャーや介護サービス事業者などの相談窓口にもなるところから、介護予防を高齢者に提案することも地位包括支援センターの役割りです。地域の高齢者に何か変わったことがあれば、地域包括支援センターは警察や福祉事務所に対応を求めることもあります。高齢者の健康予防だけでなく、問題が生じやすい金銭管理などまで窓口として役割を担っています。

市区町村が直接運営している場合のほか、社会福祉法人や医療法人に運営を委託している場合もあるようですがサービスは同じようにうけることができます。主任ケアマネージャーは介護の専門家、社会福祉士という福祉の専門家、「保健師」または「看護師」といった保健や医療の専門家たちが所属しており、それぞれが互いの得意分野を生かして連携を取り合いながら、さまざまな悩みに対して具体的な解決策を提案してくれます。

保健師も活躍するこの施設、まだまだ保健師としての教育指針もなく、保健師として経験を積んだ人でも、突然の移動で戸惑うことがあるようです。この地域包括支援センターがこれらどんな役割を担い、保健師として勤務するのに必要なことを身に着けていくことで新しい職場での仕事探しにつながっていきます。

これらの新しい施設に関しても求人に関連する情報は、転職紹介サービスは持っています。経験者が優遇される仕事ですが、どんな経験が必要かということを知った上で更なる目標としていくことで保健師として新しい仕事につながります。

転職紹介サービスで保健師としての仕事を探し、経験を積んでから地域包括支援センターの看護師を目指すというのが、レベルアップの転職といえるでしょう。そしてその先の目標を見据えて、保健師としてどんなところで経験を積むのがいいのかも転職紹介サービスのコンサルタントと相談して目標に突き進みたいですね

地域包括支援センターへ転職を考えている方は転職サイトを利用する事をお勧めします。当サイトに掲載されているエージェントは全て無料でご利用できます。現在、当サイトではナース人材バンクが最新ランキングで1位です。ナース人材バンクでは面接・見学日程の調整、入職日や諸条件の交渉などを代行してくれるサービスがあります。専任コンサルタントがサポートがしてくれるので、働きながらでも効率的に転職ができます。

地域包括支援センターの保健師求人探しならコチラ!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ