TOPページへ < 転職・求人 < 転職方法

保健師需要は戦国時代

転職サイトランキングはコチラ!

かつて保健師が女性のみの保健婦であった時代には、保健師の仕事への概念が薄く、現代の産業保健師の存在も数えるほどしかいませんでした。集団の健康や地域の健康よりも個の健康、何よりも戦後の健全な復興など目先のやらなければならない業務が山積していた時代です。

そうした時代を生きた保健婦は、自ずと行政保健婦として働くことになりますが、行政保健婦には転勤があります。もちろん現代の行政保健婦にも転勤はあります。保健婦時代には、保健婦であり家庭の主婦である場合など、「退職」を選択せざるを得ないケースが多かったようです。

時代が進み、各種資格や制度が整備された現在、保健師の転職事情も大きく変化してきました。というのは、治療を目的とした健康の概念から、病気にかからないようにする予防の概念に変化してきたからです。その意味では、現代の保健師はあらゆるシーンで活躍できる資格者ということができます。

まさに「保健師戦国時代」ですが、保健師への見方が変化したとはいえ、まだ端緒に付いたばかりです。そのため公務員を除くと、給与などの待遇は千差万別。年収400万円ぐらいから多いところで700万円ぐらい、極端には半額ぐらいの年収に甘んじている保健師もいます。また保健師には、担当する地域の健康策定もできるのですが、上司がデンと控えていて「やらせてもらえない」という不満を抱えている人も少なくないようです。逆に、保健師として仕事に就いたばかりの人は、看護師と患者のように目の前に対象者がいないため、「やりがいがない」「仕事の内容が曖昧」という不満になっています。

こうしたさまざまな仕事への感想を持っている人は、保健師転職サービスへの登録をお勧めします。というのは、転職サービスでは、全国の行政保健師や産業保健師、介護センターや教育現場の保健師の「採用状況や募集要項、待遇」などの詳細なデータをもっているからです。

さらにキャリアアップ資格の紹介やその取得法、必要な講座の設置機関など、あらゆる情報が揃っています。国家資格は生涯不変ですが、資格に関わる法改正は時代の変遷とともに行われています。自分の資格がどのような位置にあるのかなども、転職サービスに登録すれば、いち早く情報が入手できます。

転職サービスでは、転職の希望者だけでなく保健師資格を持つ人は誰でも登録することができます。登録することでこれらのサービスを受けることができるのです。登録は無料です。またいろいろなサービスも一切無料で受けることができます。転職サービスで得た情報は、ステップアップに利用してもいいし、転職に利用してもOKです。登録した人が自由に活用できます。保健師の需要が高くなり始めた現代、保健師戦国時代を登録することで有意義なワークライフをめざしましょう。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ