TOPページへ < 基礎情報 < 離職率

保健師の離職率

転職サイトランキングがコチラ

保健師が転職をする場合だけでなく、どんな仕事に従事している方でも、その職業やその会社などの離職率というのは一番気になるものでは無いでしょうか?

その会社の離職率とは、その職やその職場を離れる人の割合のことです。この離職率が高い会社であれば、その仕事は思っている以上にハードであった、残業が多い割りに給与が安い、人間関係がギクシャクしていて働く意欲がそがれるなど 、仕事を続けたくても辞めざる得ない状況の会社であることがわかります。

近年の保健師離職率を調べた結果によると、保健師の離職率は15%前後と低い水準で進んでおります。 しかし、看護師と保健師を比べると辞めたいと答える人が、44%にも上るという結果が現れています。この数字を見て解ることは、保健師という職業が比較的安定したものであるのに対して、看護師の職業は就業先によって離職したいと考えるほどストレスのたまりやすい職業だと言うことがわかります。

保健師の就業は、事務仕事が多く大勢の中で仕事をこなすと言うよりも、一人で事務仕事を黙々とこなすという感じです。看護師の仕事は、女性の方もおおいことからネチネチとした環境のところも多く、人間関係がギクシャクし、ストレスがたまっている従業員が多い場合が殆どです。そのため離職率は年々上昇傾向にあるのでしょう。

もし、あなたが保健師として転職をまさにお考えでしたら、就業先の離職率が何%あるのかなど調べておく必要があるでしょう。しかし、どのサイトを検索しても病院の離職率を公開している企業はみたことありません。ご自信で調べることが出来るのは、働いていた人に話を聞いてみるか近所の噂で判断するぐらいしかできません。

ですが、一つだけ良い方法があります。それは、医療系転職支援サービスを利用して離職率を聞いて転職を考えるのです。医療系転職支援サービスでは、専任のコンサルタントが就業先の職場内雰囲気や今までに送り出した就業者の離職率などを統計していますので、面接を受ける前に病院内の人間関係までわかるほどです。

入社してから、こんなはずではなかった…なんて事にならない為にも医療系転職支援サービスを利用することをお勧めいたします。

また、転職活動時に面倒な交渉事や事務手続きなども代行してくれますので、時間の節約にもなります。また、非公開求人での案件も豊富ですのであなたの思い通りの高待遇な職場も期待できます。しかも、転職支援サービスの利用料は一切無料となっていますので今すぐにでもご登録して求人をご覧になってみてはいかがでしょうか?

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ