TOPページへ < 職場【その他】 < ボランティア

保健師のボランティア

転職サイトランキングはコチラ!

保健師として活躍できる場としてボランティアが挙げられます。保健師がボランティアとして活動するのは、被災地やJICAが行っている青年海外協力隊などがあります。

青年海外協力隊は、発展途上国にて衛生指導や感染症の対策などの支援をすることになります。保健師として、大変やりがいを感じることになりますが、日本での経験とは全くことなり、驚くことが多いとともに学ぶこともたくさんあるでしょう。

ボランティアは人助けのように聞こえますが、実際はそれプラス自分も学べる場所ではないでしょうか。また、それ以外にも個人でできるボランティアやボランティアの団体にはいることで、日本国内で活動することもできます。病気に苦しむ人たちの心のケアや精神的に苦しんでいる人の心のケアなどもそうです。そして高齢者社会を迎えた今、あらゆる場所で保健師は活動することができます。

特に海外でボランティア活動をして帰ってきた保健師は、保健師としての在り方を深く考えて、転職をする人が多いです。今の日本で仕事をしている保健師が、日々死と直面することはありませんし、喉がかわけば飲料水が身近にあるという当たり前がない地域で活動してきたら価値観も変わるでしょう。

そんな保健師が新たな活動の場所を探すときに、助けとなるのが転職就職紹介サービスです。こんな仕事がしたいとか、こんなことを目指したい、学びたいという職場をみつけることができます。転職紹介サービスでは、専任のアドバイザーがついてくれるので、こんな職場ないでしょうか、といったレベルでも現実にしてくれます。

2017年最新の人気保健師転職サイトランキング!!

ランキング 保健師転職サイト第1位
サービス名 ナース人材バンク
対応エリア 全国
サイト ナース人材バンク公式サイトへ
ランキング 保健師転職サイト第2位
サービス名 ナースフル
対応エリア 全国
サイト ナースフル公式サイトへ